無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夜型生活から抜け出すコツ9つ

ライフスタイル

働き方が変わると、生活リズムはどうしても乱れがち。特に昼夜逆転生活はなかなか抜け出せないものです。そこで、今回は心理カウンセラーの桑野量さんに昼夜逆転生活を直す方法を教えてもらいます。

(2)カーテンを開けて眠る

目覚まし時計の代わりに、朝日を浴びて目覚めるのも昼夜逆転を直すには有効な方法です。意識しなくとも朝日を浴びられるので、とてもおすすめです。

(3)軽い運動をする

運動することでストレスの発散にもなり、睡眠の質も上げることができます。激しい運動をする必要はないので、まずは自宅でもできることをやってみてくださいね。

(4)夜遅くの外出は避ける

夜遅くに外出すると、お店の照明などで日中のような強い光を浴びてしまうことがあります。

夜に強い光を浴びてしまうと体内時計は狂ってしまう可能性もあるので、テレワークだと始業時間ギリギリまで寝ていられるからといって、夜遅くの外出はなるべく避けたいところです。

(5)就寝前はスマートフォンを見ない

スマートフォンから発せられるブルーライトは、脳を覚醒させて睡眠のリズムを乱すといわれています(参照:vol.125 体内時計に影響する「ブルーライト」)。

vol.125 体内時計に影響する「ブルーライト」

就寝前のスマートフォンを利用する時間がリラックスタイムとなっている人も多いですが、脳をリラックスさせられるような別の方法を探してみてください。

(6)ベッドにまで仕事を持ち込まない

スマートフォンやタブレットで仕事ができるようになって、ベッドの上でも仕事をしてしまうことがあるかもしれません。

ただ、それでは仕事とプライベートのメリハリが付かず、いつまでも心が休まりません。ベッドは就寝する時にだけ使用するようにして、ワンルームであったとしても部屋の場所でメリハリを付けることを心掛けましょう。

(7)寝る前の食事は避ける

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ