無料の会員登録をすると
お気に入りができます

てしごと道具帖「たわし」編|天然素材シュロにこだわる理由

普段何気なくキッチンで使っている「たわし」。この記事では、天然素材の棕櫚(シュロ)で作られた、こだわりのたわしをピックアップしました。厳選した素材で職人がひとつずつ手作りしている特別なたわし。シュロのたわしだからこそ感じられる、その魅力にせまります。

ライフスタイル

何気なく使っている「たわし」の話

Photo by 高田耕造商店

今自分のキッチンに置いてあるたわしは、いつ買ったものか・素材は何なのかすぐに答えられますか?かく言う筆者は、先日たわしを購入する際、恥ずかしながら素材についてはまったく確認することなく定番メーカーのものを手に取りました。

Photo by 高田耕造商店

普段特段意識することなく使いがちなたわしですが、実は素材や形状には、さまざまなバリエーションがあります。パームヤシや金属繊維、化学繊維などたわしに使われる素材は多数挙げられますが、この記事では天然素材である棕櫚(シュロ)で作られたたわしをご紹介します。

なぜ「シュロのたわし」を選ぶのか

ブラシ状の毛先

Photo by 高田耕造商店

シュロのたわしは、コシのあるブラシ状の毛先が特徴。硬そうな見た目とは裏腹に繊維が細くやさしい肌触りなので、キッチン用はもちろん、手洗いや身体を洗う用のたわしも販売されているほどです。もちろん、ソフトな感触ながら洗浄力は文句なし。しっかり汚れを落としてくれますよ。天然素材のため使い始めは繊維の粉が出る場合がありますが、使っていくうちになくなります。

やわらかい材質

Photo by 高田耕造商店

天然素材シュロならではのやわらかく、しなりのある材質は、野菜の泥落としや皮むきにも活躍。表面を傷つけることなく泥と皮だけをちゃんと落としてくれます。食物繊維や旨みはしっかりキープしてくれるので、リピーターになるプロの料理人もいるそうです。また、食器やコップの表面を傷つけることなく、汚れだけをきれいに掻き出してくれます。

たわしが活躍するシーン

鉄鍋・フライパンのお手入れに

Photo by 高田耕造商店

たわしを使用する機会として、まず最初に思い浮かぶのが鉄鍋や鉄フライパンのメンテナンス。鉄フライパンを毎日愛用している筆者も、このためにたわしを購入しているといっても過言ではありません。少しずつ油を馴染ませたい鉄フライパンは、食器用洗剤を使わずお手入れするのが一般的。たわしの強い洗浄力が必須なシーンと言えるでしょう。

すり鉢やザルを洗うのに

Photo by 高田耕造商店

細い隙間に食材がこびりついて取れにくいすり鉢やザル。毛先が狭い箇所にも深く入り込むたわしなら、スポンジよりも容易に汚れを落とすことができますね。離乳食作りやお菓子作りの裏ごしのあとの洗い物も、憂鬱でなくなるはず。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ