無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イエローのコントロールカラーの使い方とおすすめ8選

肌の赤みや色ムラをカバーするイエローのコントロールカラー。使い方のコツとおすすめアイテム8選を美容ライターの上田麻里さんが解説。効果的な塗り方から自分の肌に合わせた選び方まで、ぜひチェックしてみて!

メイク

ファンデーションの前に使うことで、隙のない美肌を作ることができるコントロールカラーを使ったことはありますか?

ピンクやイエロー、グリーンなどの色があり、その色の効果によって理想の肌を演出してくれるベースメイクアイテムです。

今回は、その中でも、肌の赤みや色ムラカバーに優れたイエローのコントロールカラーを紹介します。

コントロールカラーとは

コントロールカラーは、ファンデーションの前に塗るだけでさまざまな肌悩みをカバーしてくれます。

色ごとに、下記のような効果があります。

・イエロー……赤みや色ムラ、くすみをカバーする
・グリーン……ニキビ跡や小鼻の周りの赤みをカバーする
・ブルー……黄ぐすみをカバーし明るくクリーンな肌印象に
・ピンク……血色感をUPし華やかな印象に
・パープル……肌色をトーンアップし透明感を演出する
・オレンジ……くすみや目の下のクマをカバーして健康的な肌印象に

それぞれのカラーによって特徴がありますが、その中でも、イエローは「肌の赤みや色ムラ」をカバーするのが得意なカラー。

赤ら顔の人や色ムラが気になっているという人は、ぜひ取り入れてみてください。

イエローのコントロールカラーの特徴と効果

イエローのコントロールカラーは、日本人の肌にとても合いやすいのが特徴です。

ナチュラルになじむので、素肌感を残したベースメイクをしたい人にもぴったりですよ。

イエローのコントロールカラーの特徴

イエローのコントロールカラーの主な特徴を3つ紹介します。

(1)赤みを抑える

イエローには、肌の赤みを補正する効果があります。頬などに広く使ったり、気になる部分へのポイント使いも可能です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ