無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「モテる女性」と「愛される女性」の決定的な違い

「モテる女性になる方法」を知りたいなら、まずはモテる女性とはどんな女性なのかを知らねばなりません。今回は、コラムニストのラブホの上野さんに、モテる女性について教えてもらいました。

恋愛・結婚

「モテる女性」と「愛される女性」は、似ているようで全く違う存在であるといえるでしょう。

例えば、ルパン三世に出てくる峰不二子などはモテる女性の典型で御座います。モテる女性は、その名の通り非常に多くの男性から好意を持たれますが、その反面男性から愛されているかといえば、少々疑問が残るところです。

つまり、モテる女性は、男性を惚れさせる能力には長けていますが、愛される能力が高いとは限らないということです。

「釣った魚に餌をやらない」「寝たら終わり」など、セックスをするとその瞬間に飽きられてしまう格言はたくさん御座いますが、それらはまさにモテる人のことを指すものでしょう。

今回は、「モテる女性」と「愛される女性」の違いについて解説をさせていただきます。皆さまは、「モテる女性」と「愛される女性」のどちらになりたいでしょうか?

モテる女性は分かりにくい、愛される女性は分かりやすい

「A secret makes a woman woman.」

名探偵コナンに登場するベルモットという女性キャラクター(黒の組織の幹部)の名言として知られるこの言葉。日本語に訳すと「秘密は女を女にする」という意味で御座います。

確かに秘密が多く、本音がなかなか見えてこないというのは、モテる女性の条件といっていいほどのものでしょう。先ほどお話しした峰不二子なども、まさに「秘密は女を女にする」という言葉がぴったりの女性で御座います。

しかし、それはあくまでも「モテる」という話に過ぎません。

少々言葉は悪くなりますが、ある意味で「セックスは女性の最大の秘密」。少なくとも多くの男性がそう考えているのは間違いありません。ですので、秘密を武器にしている女性は、セックスをした瞬間に、その武器が失われてしまうのです。

また、男性にはある種の狩猟本能のようなものがあり、秘密の多い女性や手の届かないような女性に惹かれる部分があることは否定いたしませんが、それはあくまで「狩るまで」の話に過ぎません。

つまり、狩ったらそれでおしまいなのです。

長い期間生活を共にするような「愛される女性」に、狩猟本能をくすぐるような能力は求めません。むしろ感情や要求が分かりやすく、一緒にいて安心できる女性こそが愛される女性といえるでしょう。

秘密の多い分かりにくい女性を落とすのは、あくまでも“エンターテイメント”。決して愛ではないのです。

モテる女性は起伏がある、愛される女性は起伏が少ない

喜怒哀楽が激しく、感情がジェットコースターのようにコロコロ変わる女性に対しては、男性も恋心が急激に燃え上がることがあり「モテる女性」にはなり得るでしょう。

しかし、そんな女性と長く関係を築けるほど、男性の精神力は無尽蔵では御座いません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ