無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「いい男」の5つの条件

せっかくなら「いい男」と付き合いたい。そう思う女性も多いのでは? では、どういう人がいい男といえるのでしょうか。年収が高い人? 優しい人? 今回は、男性から見ても「いい男」だと思う人について、恋愛コラムニストのウイさんに教えてもらいました。

恋愛・結婚

できるなら、いい男と付き合いたいですよね。いい男と付き合いたくない、という人は極めて少ないのではないでしょうか。だって、別にどんな男性でも良かったら恋人を探したり、婚活したりしなくてもいいわけです。

みんな何かしら条件のようなものを持って「いい男」を探している。

では、先ほどから連呼している「いい男」とは具体的にはどんな男の人のことをいうのでしょうか。

定番で挙げられるのは「年収1000万円以上」とか「MARCH以上の学歴」とか「有名な企業に勤めている」とか、いわゆるハイスペックと呼ばれるものです。

他には「顔面が整っている」とか「優しい」とか「背が高い」とか、大勢の女性が「いいよね」と思うようなものも挙げられます。

でも「東大出身で年収1000万円の優しい人」のことを全員が好きになるかといわれると、決してそうじゃない。

どうやら「いい男」とはそんな単純なものではないようです。今回は単純そうで実は複雑な「いい男」の条件について考えてみようと思います。

「いい男」のスペックにこだわると危険な理由

前述した通り、「いい男の条件」として挙げられがちなのはスペックが高いことです。実際、ハイスペックであることをいい男の条件にして婚活をしている人もいますが、それは大変危険なことです。別に「お金じゃ買えない大切なことはたくさんある!」みたいなことを言いたいわけではありません。

「スペックで異性を選ぶと、もっといい人がいるんじゃないか?」という可能性に賭けてしまうから危険なのです。

こんなにいい条件の人と付き合えたんだから、もっと頑張れば今の彼よりもいい条件の人に出会えるかもしれない、という考えが頭をよぎるのです。

これは男性と付き合ってから感じる人もいれば、付き合う前の段階で「本当にこの人でいいのかな……」と感じる人もいます。

なぜこういった思考に陥るのか。それは「この人以上に好条件なスペックの男性がこの世には存在する」ということを知っているからです。出会っていないだけで、より高収入でより高学歴な男性は実際いますもんね。だからこそ、その可能性に賭けてしまうのです。

でも、そういった世界は上を見れば際限のない青天井で、隣の芝生はいつ見ても青い。いつまで経っても満足なんかできない。気が付けば膨大な時間だけが経過していた……なんてオチが待っているのです。

男性が考える5つの「いい男」の条件

では、スペック以外のいい男の条件とは何なのでしょうか。「優しい」とか、そんなぼんやりしたものは今回は無しにして、僕が考える「いい男」の条件と特徴をいくつか挙げてみます。

(1)緊急事態にすっ飛んでくる

地震や交通事故や急病など、予期せぬトラブルの時にとりあえずすっ飛んでくる男性です。どんなに「大丈夫だよ」と言っても、「大丈夫な顔を見るまで安心できない」とか言いながら、心配ですっ飛んできちゃう男性はいい男といえます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ