無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕事で重要な3つのコミュニケーション能力

ライフスタイル

仕事をする上で必要な「コミュニケーション能力」。言葉だけ聞くと、ちょっと曖昧でどういう能力なのか分かりませんよね。今回は、特に重要なコミュニケーション能力とは何か、どうすれば能力が高い人になれるのかについてコラムニストのトイアンナさんに伺ってみました。

(1)コミュニケーションが不要な仕事は無いから

会社に所属して働くならば、99.9%の人はチームワークを求められるのではないでしょうか。私のようにフリーランスであっても、取引先とのコミュニケーションは必須。1人でできる仕事は、ほとんど無いと言ってもいいでしょう。

(2)不要なトラブルを回避できるから

コミュニケーション能力を持てば、不要なトラブルを避けられます。

「そんなこと、言った覚えはないよ」。

「この大型案件、やっぱナシで」。

といった大きなトラブルを避けるには、緻密なコミュニケーション能力が求められます。

(3)仕事がスムーズに進むから

社内でコミュニケーションを円滑に取れば、新しい企画をスムーズに通したり、難所を誰かにかばってもらえたりします。コミュニケーションを取るだけで、大変なプロジェクトもスムーズに進むのです。

コミュニケーション能力が高い人の特徴

コミュニケーション能力が高い人は、先ほど挙げた「プレゼン」「調整」「チームワーク活性化」のいずれかを得意としています。ここからは、コミュニケーションが得意な人の特徴を見ていきましょう。

(1)コミュニケーションの苦手分野を訓練している

いくらコミュニケーションが得意に見える人でも、前述した仕事で求められるコミュニケーション能力3つ全てを最初から得意としている人はいません。「社内調整が苦手だから、もう少し頑張ろう」など、苦手分野に目を向けて意図的に訓練しています。

(2)苦手分野のコミュニケーションを得意とする人に頼る

いくら努力しても、苦手分野のコミュニケーション能力を「完璧」といえるレベルまで育てることは難しいでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ