無料の会員登録をすると
お気に入りができます

京都の名店のあんみつが絶品かき氷に! あんみつはお取り寄せも

旅行・おでかけ

京都であんみつといえば「月ヶ瀬(つきがせ)」。「月ヶ瀬」といえばあんみつというほどの看板メニューを持つ老舗の甘味処。そのあんみつが2020年の夏、かき氷に変身!さらには、奈良の月ヶ瀬の梅で作ったシロップにのし梅をのせた梅氷、料理家監修のしょうがレモン氷と3種類の創作かき氷がたまらなくスッキリ。猛暑に至福のごちそうです。

最後は、温かいお茶のサービスでほっこり。

2020年からお取り寄せスタート。届いたらすぐに食べたい名店のあんみつ&みつ豆

まだまだ続く猛暑のステイホームには「月ヶ瀬」のあんみつを。今までは店舗に足を運ばないと購入できなかったあんみつ、みつ豆、ところてん、白玉ぜんざいの4商品が2020年の春からお取り寄せできるようになりました。

月ヶ瀬の甘味を支える寒天は、岐阜県恵那市山岡産。寒天の原料といえば天草ですが、恵那市では天草を一度溶かし固めて棒で突いて“ところてん”にし、その“ところてん”を寒晒し(氷点下の寒空にさらして乾かす)にするという江戸時代からの伝統製法を守っています。
寒晒しで作られた天然の糸寒天を溶かして作る「月ヶ瀬」の寒天は、純度が高く透明で、舌でほどけるような柔らかさ。たった一人の職人さんが作っているとのことで、味にブレがありません。

お中元や夏の贈り物には(自分にも)見た目にも涼しげな竹かご入りセットを。繊細な味わいが損なわれないように、翌日到着が可能な地域のみの受付になっています。

竹かごは、3個・5個・7個入りが選べますが、到着日にきちんと受け取って、その日のうちに食べられる数を注文してくださいね。
京都の老舗と呼ばれるお店も、時代に合わせて変化していますが、こうして今までは足を運ばないと食べられなかった名物がお取り寄せできるのは嬉しい変化です。うまく利用して、ステイホームの時間を楽しみましょう。

月ヶ瀬 堺町店

つきがせ さかいまちてん

住所: 京都府京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町675 アーバンライフフォルムズ烏丸御池103

TEL: 075-212-1959

営業時間: 12~19時(18時30分LO)

定休日: 水曜、第3木曜 (祝日の場合は翌日)

Photo:瀬田川勝弘
text:小西尋子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ