無料の会員登録をすると
お気に入りができます

狭い部屋を広く見せる♡ダイニングテーブルの選び方とレイアウト術

インテリア

家具の中でも比較的大きく存在感のあるダイニングテーブル。食事はもちろん、仕事や趣味などの作業用デスクとしても活用されている方が多いのではないでしょうか。そこで、ワンルームや1DKにお住まいの方が快適に暮らすための、ダイニングテーブルのレイアウト術や選び方をご紹介します。

丸いダイニングテーブルを置きたいけれど、場所を取るから諦めているといった方も多いのではないでしょうか。実は逆なんです。ダイニングテーブルを円形にすることで余白が生まれて圧迫感が出にくく、お部屋を広く柔らかな印象へと導いてくれますよ。また、円形なのでイスをたくさん置くことができ、来客時にも便利です。

無地のテーブルクロスで開放感を

www.goodrooms.jp

狭い部屋に柄入りの生地を選ぶ際は、大ぶりなものよりも小ぶりな柄の方が圧迫感が無くお部屋が広く見えるでしょう。主なものとしてカーテンやテーブルクロスなどが挙げられますが、今回はダイニングテーブルを覆うテーブルクロスに着目。生成りや白などの無地を選ぶことで、より開放的ですっきりとした空間を演出してくれますよ。

憧れのダイニングテーブルで快適ライフ

www.goodrooms.jp

憧れのダイニングテーブルを取り入れて、より快適な暮らしを送るためのアイデアをご紹介しました。一人暮らし用のお部屋でも、レイアウト方法や選ぶアイテム次第で開放感のあるくつろぎスペースに早変わり。

お部屋を広く見せるアイデアはすなわち、ゆったり過ごせる心地よい空間づくりの一環でもあります。これから引っ越しやお部屋の模様替えを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

photo / goodroom journal

新しい部屋で、はじめよう。goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ