無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子育てで1番つらい時期はいつ?先輩ママたち教えて!

子育て

「いつになったらラクになるのやら……」子育てをしていると、ついこんなことを考えてしまいますよね。可愛くて仕方のないわが子ですが、子育てに悩みは尽きないのではないでしょうか。ママスタコミュニティには、子育てに関する投稿がありましたのでご紹介いたします。

『小学6年生。最近「お宅の子に怪我させられた」と、相手の親御さんから電話があった。うちの子の悪口を言ってからかってきた相手の子も悪いんじゃないかと思うけど、怪我をさせてしまったから菓子折持って謝罪に行った。親になるの、しんどいな』

小学生になると、子ども自身で考え行動することが増えてくると思います。子どもの成長がうれしい反面、思うように物事が進まなくなったり、親の知らないところでトラブルを抱えていることも。

中学生から高校生、いわゆる“思春期”が大変だったママたち

先輩ママたちのコメントのなかで特に多かったのが「中学生以降が大変」という意見でした。

思春期・反抗期・受験……精神的なダメージを受ける時期

『中学2~3年生が1番つらかった。反抗期と高校受験が重なって、本当に親を辞めたかった』
『中学2年生のちょうど今。喋っていない』
『中学2~3年生の反抗期。受験も重なって「子育てでつらかった」ではなくて、人生で1番つらかった』
『中学2年~高校2年の反抗期。男の子なんだけど、ほんっと大変だった。意思の疎通ができないんだもん。大学生なったいまは、反抗期が嘘だったみたいに穏やか。同じ子どもと思えない(笑)』
『この時期は本当きつい。「小さい頃の大変さはなんだったの?」と感じるくらい。「幼い頃は可愛かったなー」としか思えない』

自分自身の中高生時代を思い出したときに、“親”という存在をうっとおしく感じていたママもいるのではないでしょうか。親となった今だからわかるのですが、子どものことが心配だからこそ、口を出したくなってしまいますよね。しかし幼い頃と違って、意思の疎通どころか会話自体が少なくなってしまい、ママは精神的に疲れてしまう時期かもしれません。

食べ盛り時期に受験や部活。金銭的にも大変な時期

『思春期でもあり受験もあり、金銭的にも大変だった』
『1番つらい時期は大学受験を控えている今。精神的にもそうだけど金銭面の折り合いも必要。これは、どんなに育てやすい子でも避けられないんだろうな』
『部活の送迎が1番辛かった。朝6時半集合、放課後練習20時半終了。バスが動いていない時間だから、ほぼ毎日学校を2往復してた』

子どもが運動部に所属している場合など「1日何食たべるの?」というくらい食欲旺盛になることも。また受験を控え、子どもを塾に通わせるご家庭も少なくないでしょう。食べ盛り真っ只中でただでさえ食費も上がるこの時期に、受験も加わり家計は火の車。金銭面で苦しかったママもいました。

あっという間の子育て期間。終わってしまえばいい思い出に

子どもが小さい頃は、小さな命を守るため体力的に大変な時期が多く、子どもの成長とともに精神的に大変になっていったというママの声があがりました。しかし現在子育て真っ只中のママにとっては、いつだって“今”が大変なのではないでしょうか。そんななか子育てを終えたママからこんなコメントも寄せられました。

『現在、娘は20歳になりました。そのときはそのときで大変だったはずだろうけど、もう忘れちゃった(笑)。小さい頃が懐かしい。今つらくて大変でも、子どもはあっという間に大きくなってしまうし、つらかったことも忘れちゃうもんだよ』

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とは、こういうことでしょうね。あれだけ苦しかったことも時間の経過とともに忘れてしまう。出産といい、子育てといい、母という存在のたくましさには神秘すら感じてしまいます。もし子育てでつらくなってしまうことがあったときには、身近な人に気持ちを打ち明けてみてはいかがでしょうか。気持ちを吐き出すだけでもスッキリするかもしれませんし、思わぬ解決策に導いてくれるかもしれませんよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ