無料の会員登録をすると
お気に入りができます

納豆との組み合わせで綺麗になれる!相性のいい食べ合わせ食材5つ

日本のスーパーフード、納豆の栄養と働きをおさらいしてみましょう。組み合わせることでさらにおいしく、美容や健康にも良い、5つのちょい足し食材&食べ方も紹介します。体調やお肌の調子に合わせ、食べ合わせを意識して綺麗になりましょう。

美容

納豆は組み合わせ次第でもっと綺麗になれる!

やっぱり納豆には、魅力がいっぱい

昔ながらの日本の発酵食品、納豆。

健康にも美容にもいいとは言うけれど、具体的にどんな栄養がなににいいのでしょう? 納豆の栄養素と、期待される働きをおさらいしてみましょう。

併せて、おすすめのちょい足し食材&食べ方をご紹介。納豆にない栄養を補ってくれたり、一緒に食べることで相乗効果があったり。体調やお肌の調子、気分に合わせてチョイスしてみてくださいね。

納豆の栄養と働き……相性のいい5つの組み合わせ

■腸内環境を整える納豆菌
納豆は、納豆菌によって大豆を発酵させた発酵食品です。

納豆菌は熱や酸に強く、腸まで届き、善玉菌の味方となって腸内環境を整えてくれます。

腸内環境を整えるということは、便秘や下痢の改善だけでなく、免疫力の強化や美肌作りなどにも役立つと考えられます。免疫細胞の7割は、腸に集中しているからです。

■腸内で働く、豊富な食物繊維

理想的なバランスで食物繊維が摂れる

食物繊維には、水溶性食物繊維・不溶性食物繊維があり、1:2の割合で摂るのが良いとされています。納豆には2種類の食物繊維が、この理想のバランスで含まれているんです。

水溶性食物繊維は、水に溶けて便を軟らかくするほか、腸内の善玉菌のエサになります。不溶性食物繊維は、便のかさを増し、腸内を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を促してくれます。

■美肌の味方、ビタミンB群
納豆にはビタミンB2やビタミンB6など、代謝に関わるビタミンが豊富に含まれています。

ビタミンB群は肌の代謝にも関与するので、美肌対策の強い味方ともいえるでしょう。

■女性ホルモンのバランスを保つ、大豆イソフラボン

女性に嬉しい栄養素もいっぱい

納豆や豆腐などの大豆製品には、大豆イソフラボンが含まれています。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンを似た構造を持っており、体内でも似た働きをしてくれることがわかっています。

女性ホルモンのバランスを保ってくれる、女性の味方といえる成分のひとつです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ