無料の会員登録をすると
お気に入りができます

片付け下手が陥りがち!5大NG収納の傾向・対策

憧れのブロガーさんがやっている素敵な整理収納術。真似してみたけど続かない……そんな経験はありませんか? 片付けたときはスッキリするのに、いつの間にか乱れてリバウンド。がっかりしない、ラクに続く方法を取り入れましょう。

インテリア

整理収納が上手な人は、そもそも片付けが好きな人。面倒、億劫ということを感じる以前に、時間をかけて手をかけることを楽しんでいるのです。憧れのブロガーさんがやっている素敵な整理収納術、真似してみたけど続かないという場合は、忙しい、家族が協力しないなど取り組みにくい理由があるはず。そんな場合は無理せず、続く方法に切り替えることをオススメします。

片づけ下手のNG収納1:立ててしまう収納が上手にできない

衣類や布ものは、畳んでからきれいに並べて収納したいですね。なかでも引き出しの中に立てるしまい方は、見た目に美しく選びやすいから気持ちがいいもの。

お手本:衣類の特徴が分かるようなたたみ方と並べ方になっている
ところが、畳んでしまった衣類も、出し入れをしているうちに崩れていくことがあります。洗濯したものを収納するときに、積み重ねてしまったり、適当につっこんでしまったり。

きれいにたたんでしまい直した状態(左)。しばらく使っているうちに変化した状態(右)「これ以上に乱れることがないから大丈夫」と言うユーザーさん
そもそも畳む作業が好きではないし、得意でもないという場合には苦行に近い作業。そんな場合は、同じ大きさに畳めなくても、大まかに四角っぽい形に仕上げてサクッとしまうだけで、乱雑にはならないから、それが一歩前進につながります。

子供と一緒に少しずつスキルアップしていきたい

片づけ下手のNG収納2:おしゃれな容器を揃えたが、手間がかけられない

お揃いの容器が整然と並んだ収納は、憧れの片付け方のひとつでしょう。収納用品を買い揃えると、片付けモチベーションが上がるという人も多いのではないでしょうか。

お手本:容器に移し替えるという手間が増えることも計算にいれておきたい
しかし収納上手さんは、容器のサイズを採寸して、しまいたいモノの種類と数、分量を計算して入れ物を選んで買う――そんな緻密な計画があるから、見事に片付くのです。

その手間が掛けられない場合は、容器が揃っていなくても、使うときのことをイメージしてまとめてしまっておくだけで十分です。

頻繁に使うモノは室内に出してあっても、場所を決めてまとめておけばOK

片づけ下手のNG収納3:引き出し内などを細かく仕切り過ぎる

文具やメイク用品、調理小物などは、大きさも形もまちまちなので乱雑になりがち。そんな細かいモノを引き出しにしまいたいときに整理上手な人が使っているのが、仕切り用の収納ケースです。必要なときにサッと出し入れできるから、出番の多い道具が使いやすくなります。

お手本:システムキッチン付属の仕切りトレイをやめて、100均グッズの仕切りケースなどを組み合わせてカスタマイズ
調理道具の場合は、種類が多く形がそれぞれ異なるので、ひと目で見分けがつくようにしなければなりません。使いやすさを優先すると、一つの仕切りケースにたくさんのモノを入れることができません。そのため収納量が減ることになります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ