無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「転職したい」と思ったら考えたいこと

何となく転職したいけど、どうすればいいのか分からない。いつ転職したらいいのか、誰に相談したらいいのか、そもそも転職すべきなのか……。そんな悩みに、外資系OLコラムニストのぱぴこさんが答えます。

ライフスタイル

「転職」という選択肢は、ここ数年でずいぶんと一般的になりました。私の設置している質問箱にもよく転職に関する相談をいただいており、キャリアの悩みの中でも特に多いように感じます。

今回は転職したいけど迷ったり悩んでいる人に向けて、よくある悩みとその解決策についてお伝えしたいと思います。

転職の悩み1:転職のタイミングっていつ?

私の体感値だけでは説得力がないので、データを調べたところ総務省の2019年度労働力調査 で、2019年の転職者数が過去最多を記録したことが分かりました。

総務省の2019年度労働力調査

統計局HP上で同調査結果のサマリーが記載されています。

●2019年の転職者数は351万人と過去最多
●「より良い条件の仕事を探すため」に前職を離職した転職者が増加
●従業者規模の大きい企業などで転職者が増加
●正規雇用間の転職者が増加
●「非正規雇用から正規雇用に転換した者」が「正規雇用から非正規雇用に転換した者」を8年連続で超過

昨年度までは転職マーケットが盛況だったこともあり、「より良い条件の仕事を探すため」かつ正規雇用間の転職者が増加と非常にポジティブな結果です。実際、私の周囲でも数名が30歳を超えた「初めての転職」に踏み切っていました。

結婚・出産・転職などの周囲のラッシュは唐突に発生します。自分事として捉えていなかった変化やイベントが、急に輪郭をはっきりさせて迫ってくる感じ。かつ、それを手に入れないと「遅れている」と感じて不安感につながります。

このように「周囲の変化や社会情勢」からの焦燥感、不安感を感じて、やみくもに動くのはおすすめしません。

正直、昨年度までは転職マーケットが好調過ぎて、あまりよく考えずに目先の給与UPに釣られて外資系企業への転職を決意、検討する人が多過ぎて相談件数に気絶しそうになりました。

なお、転職活動は時間を使います。コロナ禍によりリモート面接も広がり定着する可能性もありますが、移動を伴う面接は時間捻出との戦いです。転職を決めたら、腹をくくって時間を作るか、エアポケット的に発生する暇な時期に詰め込むかしかありません。

転職タイミングとしては、「案件が終わった」「大きな仕事が終わった」「予定されていた仕事が消滅した」などの環境変化が自分のキャリアを考えるきっかけになり、かつ転職活動時間が作れるようになったという事例は多いです。

転職の悩み2:エージェント? 誰に相談すればいいの?

外資系所属だとプロパー社員10年以上はレアキャラです。ボスとその配下の部下ごと他社への大移動することもあり、周囲も自分も転職経験者なことが多いため、相談先は無数にあります。そして「類は友を呼ぶ」ので、転職者の周りには転職者ネットワークが自然とできます。

しかし、転職が選択肢として一般化したのはここ数年。世間的にはまだ転職への抵抗感があることも否めません。私の質問箱への転職相談の多さでも感じます。

インターネット以外の現実的な相談先は、転職エージェントになる可能性が高いです。私も最初の転職時は、「何をしたらいいのか分からない!」「とりあえず転職エージェントに相談だ!」「転職求人サイトに登録だ!」と戦略なき行動をしました。

転職解像度が低いため「無料だしとりあえず相談」とキャリアエージェントに「よく分からないんですけど……」「求人どんなのがありますか……?」とナメくさった相談をします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ