無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「いじられキャラ」から抜け出す方法

いじられキャラの扱いが辛く、抜け出したいと思うあなたへ。心理カウンセラーの秋カヲリさんがその方法を教えてくれます。「いじり」と「いじめ」の境界線を知り、しっかり対処していきましょう。

ライフスタイル

「よくいじられるけど、本当は得意ではないし辛い」という方、多いのではないでしょうか。特に女性はNOと言えない場合も多く、一方的ないじりを受け入れてしまいがち。

今回は、「いじられキャラから抜け出したい」という方に、いじられキャラから抜け出す方法と、逆手に取っていじられキャラをうまく生かす方法を解説します。

周りにいじられやすい人の特徴

いじられやすい人には共通した特徴があります。それは、以下の4つです。

(1)天然

いじられる人には天然な人が多いです。天然な人は、少し変わっていたり抜けていたりするので、周りの人からするとツッコミどころがたくさんあるのです。

良くも悪くも注目を集めるのでいじられることが多いでしょう。

(2)素直

素直で純粋な人もいじられキャラになりがちです。基本的に相手の言うことをそのまま信じるので、嘘をつかれたりからかわれたりすることも。

過保護な家庭で愛されて育った人に多く、良く言えば愛されキャラ、悪く言えば騙されやすいキャラです。

(3)寛容

いじられるのは、「いじっても怒らない寛容な人」だと判断されているからです。

寛容な人は心が広く一人一人の個性を尊重するので、自分と違う人のことも受け入れられます。そのおおらかさが相手に安心感を与え、いじられる余地を作るのです。

(4)お人好し

お人好しな人は、相手の言う通りに行動する受動的な性格である傾向が強いです。

ですので、断ったり否定したりすることがほとんどなく、都合良く扱われてしまいがち。「お人好しだからいじっても大丈夫だろう」と思われやすいです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ