無料の会員登録をすると
お気に入りができます

脈アリと匂わせて…実は脈ナシなLINE

恋愛・結婚

気になる彼とのLINE。

ふとしたやり取りから「彼、私のことを彼女候補として意識しているかも?」と感じ取れることもあるでしょう。

ですが、本当にその彼に期待して大丈夫?今回は脈アリと匂わせて、実は脈ナシのケースがあるLINEフレーズを紹介します。

「どんな男性がタイプなの?」には騙されない!

「仲がいい男友達に頼まれて、そいつが片思いしている女の子に好みのタイプを教えてってLINEしたことがあります。そしたら、女の子は俺に惚れられていると勘違いされて……。

すごく意識されちゃって、男友達も含めて面倒な三角関係になってしまったことがあります。ただタイプを聞いただけなのに」(22歳/大学生)

男性から好みのタイプを聞かれたら、「彼は私のことを意識しているのかも」と、ドキッとしてしまいますよね。

ですが、彼があなたのことを好き、と解釈するのはちょっと待った!

世間話の一環として聞いただけ、ほかの誰かに頼まれて聞いている、など背景に好意以外の理由がある場合も。

前後の会話の流れや、その後の彼の態度をよく観察して見極めることが大切です。

「こんなこと話せるのはお前だけ」は友達フラグかも

「仲が良い学生時代からの女友達には、仕事やスポーツ、恋愛などなんでも話せる。異性として意識していないからこそ、話していてすごく楽です。LINEでも、お前だから話せるわーって言葉を送ることありますよ」(31歳/メーカー勤務)

「お前にならなんでも話せる!」というフレーズは、「僕にとってあなたは特別」と読み取れるのが落とし穴。

一見脈アリな雰囲気がありますが、あなたを女性として意識していないからこそ言える、という場合もあるようです。

「お前と会話していると落ち着く」といった発言にも、ただ友達としての気持ちを伝えただけ、という場合があります。

この手の台詞は匂わせ男子もよく使うので要注意。期待しすぎないよう気をつけてくださいね。

「これ、お前が好きそうだなと思って」はただの親切?

「街に買い物に行ったとき、クラフトビールの新しい店を見つけて思わず酒好きの同僚にLINE!……なんてことはよくありますね。

相手の性別関係なく、その相手と以前話していた話題のものを見つけたら教えてあげたくなるんです」(23歳/SE)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ