無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マスクでファンデーションは使いたくない!そんな時におすすなベースメイクアイテムとポイントをご紹介

withマスクの時代になり、ファンデーションを塗ってもマスクによる乾燥やムレで、マスクの下はドロドロ。素肌のままだとマスクを外した時に気になると、マスク時のベースメイクに悩む人が増えてきています!
今回は、ファンデーションを使わずに美肌に魅せるポイントやアイテムをご紹介します。

メイク

オススメ度NO.1は「コントロールカラー」

bybirth.jp

肌の赤みやシミやクマなど、肌の色むらを色の力でふんわりカバーしてくれるコントロールカラーはご存知でしょうか。

本来はファンデーションをつける前に、肌の状態や仕上げたいイメージに合わせてコントロールカラーをつけておくと、ファンデーションやコンシーラーを不用意に多くつけずに済むので、崩れにくいベースメイク作りや時短にも繋がります。

ファンデーションの代わりにコントロールカラーをつけることで、マスク時のベースメイクのお悩みも軽減されますよ。

ファンデーションなしのベースメイクのポイント

(1)日焼け止めを塗る(コントロールカラーにUVカット効果がある場合は省いてもOK!)

bybirth.jp

(2)コントロールカラーを気になる部分、または全体的に塗る

bybirth.jp

(3)クマ・シミなどの濃い色ムラがある場合は、コンシーラーを使ってもカバーしてもOK!

(4)フェイスパウダーで仕上げる(仕上げにフェイスパウダーを使用することで、化粧持ちがアップしますよ)。

コントロールカラーを使う時に重要なのが「色選び」。自分の肌悩みや状態に合わせて選ぶことで、自然な仕上がりになるので、色別の特徴をチェックしておきましょう。

あなたの肌悩みに当てはまるのはどの色?

シミ・クマが気になるならオレンジ

肌の色むらの中でも、特にカバー力が重要なシミやクマの悩みにおすすめなのがオレンジ。コントロールカラーの中でも特に肌色に近い色のため、使いやすく目の下のクマやシミを自然にカバーしてくれます。

濃いシミがあるならコンシーラーの重ね付けも。

エレガンス モデリング カラーアップ ベース OR200

ナチュラルなオレンジ色で、シミやクマを自然にカバー。セミマットな質感で健康的でフレッシュな印象へ仕上げます。

アミノ酸由来のパウダーが肌との密着を高めるので、メイク崩れが気になる人にもおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ