無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[永久保存版]自分好みのゆで卵を作る方法|これで失敗なし!

ただ卵をゆでるだけなのに、なかなか思うような仕上がりにならないゆで卵。シンプルでいてじつはとっても奥深いですよね。この記事ではたまごソムリエの友加里さんに聞いた、絶対に失敗しないゆで卵の作り方を紹介します。ゆで時間研究、時間別おすすめの食べ方も必見です♪ 目指せゆで卵名人!

レシピ

ゆで卵って、奥深い。

Photo by rina_kitchen

10個中2個失敗、うまくむけずボロボロ、半熟を通り越して固ゆでになってしまったり……と、シンプルでいてじつは奥深いゆで卵。ただゆでるだけと思ったら大間違い!理想通りのゆで卵を作るためには、いくつかのコツが必要のようです。

そこで、たまごソムリエの友加里さんに絶対に失敗しない作り方を教わりました。半熟から固ゆでまでをマスターできるゆで方と、ゆで時間別のおすすめの食べ方をご紹介します♪

教えてくれた人

料理研究家 / たまごソムリエ友加里さん
2013年、イタリアンレストランに勤務しながら調理師免許を取得。 同年、日本卵業界が認定する「三つ星たまごソムリエ」の資格を取得。 その後、卵料理の研究を重ね、2015年にYouTubeチャンネル『たまごチャンネル Tamago Egg cooking【卵】』を開設。 2016年に卵料理レシピ本「たまご大好き」を出版。 同年、日本テレビ「得する人損する人」の番組で、でたまごのスペシャリスト「タマミちゃん」として出演。 さまざまなテレビ・ラジオ・雑誌などで卵のスペシャリストとして情報を発信し活動している。

たまごソムリエ友加里さんのYouTubeはこちら

ゆで卵の作り方を教えて!友加里先生

Photo by rina_kitchen

絶対に失敗しないゆで方

適したサイズと保存方法は?

りなkitchen「友加里先生、今日はよろしくお願いします!まずは、卵選びから教えてください。S・M・Lのどのサイズがゆで卵には適していますか?」

たまごソムリエ友加里さん(以下、友加里さん)「Mサイズを使うといいですよ!黄身と白身のバランスが一番いいんです。ちなみに、卵は尖ったほうが下になるように保存します。尖ったほうは強度が高く、丸いほうには“気室”があります。丸いほうを下にすると黄身と気室内の空気が触れやすく、細菌が入り込む可能性が高くなってしまうんです」

りなkitchen「なるほど〜。卵には保存に適した向きがあるんですね!そうそう。ゆで卵を作るとき、常温に戻した卵を使うか、冷蔵庫から出してすぐの冷たい卵を使っていいのかいつも悩むんです……。どちらがいいのでしょうか?」

友加里さん「冷蔵庫から出してすぐの冷たいものを使ってOKです。常温に戻すには時間がかかってしまうので、時間短縮!」

りなkitchen「時間短縮、思い立ったらすぐに作れる手軽さ、大事ですよね!」

水からゆでる?沸騰してからゆでる?

りなkitchen「こちらは意見が分かれるところかと思うんですが、卵は水からゆでるのか、沸騰してからゆでるのか、どちらが正解なんですか?」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ