無料の会員登録をすると
お気に入りができます

押入れ 劇的Before→After!「捨てられない女」から脱出する方法

「捨てられない女」と聞いて、耳が痛い…という人も多いはず。「いつかまた使うはず」「思い出があるから…」と、なかなかモノを捨てられない皆さんをお助けするこの企画。収納のプロが、モノで溢れかえった読者宅の押入れを劇的に改善します。衝撃的なBEFORE→ AFTERのリアルドキュメントのスタートです!

2017年7月
インテリア

「捨てられない女」代表読者の押入れ

今回の「捨てられない女」代表は都内在住・会社員の高清理沙子さん、34歳。「おばあちゃんになっても古着を可愛く着ていたい♡」と話す高清さんは、古着の街・高円寺にある築30年のこのマンションに住んで5年め。ひとり暮らしを満喫中ですが、元バンドマンの彼との仲は良好で、この部屋にも頻繁に訪れるそう。ご本人曰く、「収納テクは人並みだと思います。この押入れ、そんなに汚くないですよね?」とのことですが…

モノであふれた押入れの惨状…

いざ押入れの襖を開けてみると、中はモノがゴチャゴチャ。もはや魔窟と化しています。果たして、この押入れはスッキリと変身できるのでしょうか。

”捨てられない女”を指導するのは…

収納スタイリスト・吉川永里子先生

収納に関する著書やメディア出演多数の人気収納スタイリスト・吉川永里子先生。自身の片付けられなかった経験を生かし、これまで2000人以上に片付け&収納テクをレクチャー。持ち前の明るさとトーク力、鋭いツッコミで、「捨てられない女」を容赦なくぶった斬るという噂です(笑)。

吉川永里子先生のHP「Room&me」へ

まずは押入れの問題点を洗い出し!

さっそく収納スタイリスト・吉川先生が高清さんの押入れの現状をチェック。すると、”捨てられない女”の特徴が浮き彫りに!

”捨てられない女”の特徴1:

引き出しがパンパン

収納ケースの引き出しは中身がパンパン! なかには、入りきらずに外に飛び出しているものも…。「こんな状態でどうやって引き出すの?」というレベル。

”捨てられない女”の特徴2:

とりあえず、袋に入れて突っ込む

捨てられない女は「いつか使うから、ひとまず取っておこう」が口癖。結果、とりあえず袋に入れて、押入れへ。そしてもちろん、このまま放置…中身が何だったのかさえわからなくなる始末。

記事に関するお問い合わせ