無料の会員登録をすると
お気に入りができます

脱!フツーのひとつ結び。「なんかオシャレ♡」なひとつ結びの作り方

てっとり早いまとめ髪のひとつ、「ひとつ結び」。手軽でいいのですが、サッと束ねただけだとなんとなくパッとしないというか無難というか…。そんな「ひとつ結び」でもオシャレに見せることができるワザがあるんです!

2017年7月
ヘアスタイル

アレンジし放題!

束ねる位置や束ね方で雰囲気が全く異なる「ひとつ結び」。まとめ髪スタイルとして手軽で良いのですが、なんとなく「無難」になっていませんか?ダサくはないものの、オシャレ感もないというか…。

hair.cm

そんな「ひとつ結び」も、ちょっとしたアレンジをプラスするだけで、グーンとこなれた印象にすることができますよ。しかも「可愛い」も「色っぽい」も「カッコいい」も、全て叶っちゃうんです。

tiful.jp

今回は、360度どこから見ても「なんかオシャレ」と思われる、ひとつ結びのアレンジ方法をご紹介しましょう。特別なテクニックは要りません。不器用さんも必見ですよ。

まずは、基本のひとつ結びをマスター

ここで紹介するのは、ただ単に束ねた頭の形が丸わかりになる「ひとつ結び」ではありません。束ねた後に髪を引き出す、ユルッとシルエットのスタイルです。この、髪の引き出し方にもコツがあるのです。

Media?size=l
instagram.com

手ぐしでザクッと束ねたら、放射線状に髪を引き抜いていくのですが、この引き出し方がポイント。今まで「なんとなく」で引き抜いていた人は、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

instagram.com

束ねる高さで引き出し方が違う!

いつも、どんなときも同じように引き出していませんか?束ねる高さが異なれば、引き出し方も違うんです。

Media?size=l
instagram.com

左側はミドルポニー、右側はローポニー。モデルは同じですが雰囲気が全然異なりますね。「お疲れヘア」に見えない、絶妙の引き出しバランスをマスターしましょう。

instagram.com

ひとつ結びをグッとオシャレに♡

ねじりサイドポニー

真後ろよりサイドに寄せて束ねれば、正面から髪が見えて華やかな印象になりますよ。お洋服のコーデがシンプルになりすぎた日は、サイドポニーがオススメです。

Media?size=l
instagram.com

ただ、普通にサイドで束ねるだけだと物足りないのでねじりを加えます。小さなくるりんぱとねじり編み込みで一気にこなれ感がアップしますよ。キッチリしすぎないのが大人のひとつ結びのルールです。

instagram.com

ふわくしゅポニー

最近はゴムを隠すアレンジ、いわゆる「ゴム隠し」が主流ですね。束ねた髪の一部をゴムに巻きつけるアレンジなのですが、この巻き付け方にも一工夫を。横からのシルエットがとても素敵になりますよ。

Media?size=l
instagram.com

見た目に反して、アレンジ方法はとても簡単。ゴム隠し用の髪をロープのようにねじるだけです。このねじった部分から引き出す髪のボリュームは全体のバランスを見ながら調節します。

instagram.com

格上げポニー

グッと大人っぽく見える「格上げポニー」。こちらは前髪まで含めたアレンジになります。伸ばしかけや、汗や湿気でのウネリが気になる人にもオススメです。

Media?size=l
instagram.com

こんなに高い位置のポニーテールでも子供っぽく見えないのは、前髪からポニーに繋がる「引き出し」のボリューム感。ほんの少し垂らした後れ毛も色っぽいですよね。

instagram.com

クロスポニー

アレンジスティックを使ったアレンジです。実はアレンジスティックを使いこなせてなくて…という人は、この機会に使い方をマスターしましょう。

Media?size=l
instagram.com

ポイントはハーフアップから始めること。あとはアレンジスティックで左右の髪を交差させて完成。難しいことはしていないのに、手の込んだアレンジのように見えますよね。

instagram.com

ミドルポニー

高すぎると幼く、低すぎると老けて見えるひとつ結び。位置の加減が難しいと思われがちですが、くるりんぱをあとから加えることで絶妙なミドル位置にもってくることが可能です。

Media?size=l
instagram.com

ミドル位置で束ねる場合、うなじ部分の髮も少し引き出しておくとバランスが良くなりますよ。逆に、高い位置や低い位置で束ねる時は引き出さないのが正解。うなじ部分がモタつくと「お疲れへア」に見えてしまいます。

instagram.com

∞型ゴムで簡単ゴム隠しポニー

ゴム隠しにはピンが必須!という常識を覆すアレンジです。ピンが苦手という人はぜひお試しくださいね。

Media?size=l
instagram.com

∞の形になるようにゴムを仕掛けておくだけ。2回に分けて結んだら、最後にキュッと引き締めます。そのため、最初は緩く縛ると良いですよ。

instagram.com

猫っ毛さんポニー

すぐにペチャンコになってしまう…そんな悩みが耐えない猫っ毛さん。挑戦したいヘアを諦めることも多いのではないでしょうか。でも、この「ひとつ結び」は大丈夫なんです。

Media?size=l
instagram.com

猫っ毛さんの場合は、手ぐしではなくブラシでしっかり表面を整えて束ねます。これが、ボリュームダウンしない「引き抜き」を作るためのポイントになります。

instagram.com

ボブさんポニー

Media?size=l
instagram.com

ロングさんほどボリュームのある「ひとつ結び」は難しいですが、色っぽい後れ毛のあるスタイルが叶います。ウェットな雰囲気で仕上げると、さらに艶っぽくなりますよ。

ボブさんポニー

なりたいワタシ、自由自在♡

「ひとつ結び」といえば「とりあえず」的なイメージがありましたが、一手間でこんなにオシャレなスタイルになるのですね。複雑な編み込みや特別な道具は不要、少し練習すればすぐにマスターできそうです。

hair.cm

好みの雰囲気も自由に作ることができる「ひとつ結び」で、"毎日オシャレなワタシ"を楽しんじゃいましょう♡

記事に関するお問い合わせ