無料の会員登録をすると
お気に入りができます

劇的Before→After 使いにくいキッチンの「NG収納」共通点はコレ!

「片づけられない女」代表読者のお宅を劇的に片づけるこの企画。今回は「使いにくいキッチン」の収納を改善します。古い賃貸マンションの”昭和なキッチン”がスッキリ生まれ変わる様子を細部にわたってご紹介! すぐ真似できるプロのアイデアは必見です。

2017年7月
インテリア

今回の「片づけられない女」は…

今回の読者代表は、32歳の会社員・佐藤ゆりさん。東京都在住で夫と2人暮らし、趣味はインテリアショップ巡りだそう。そんな佐藤さんのキッチンのお悩みは?「なんだか料理がしづらくて、ついお惣菜を買ってしまったり。よく食器を割ったりもしてしまいます…。料理は嫌いじゃないんですけどね」とのこと。早速キッチンを拝見してみましょう。

モノがゴチャゴチャのキッチン

インテリア好きだけあって可愛い雑貨がたくさんありますが、ゴチャゴチャとして整っていない印象のキッチン。「えっ、そのまま使うの??」と聞かずにはいられない一升瓶に入ったままの醤油や調理酒などの調味料、引き出しの取っ手に無造作に掛けられたゴミ袋、使いっぱなしの調理器具など、お世辞にも収納上手とは言えない状況。これでは料理が捗らないのも頷けます。

“汚キッチン”を改善してくれるのは

収納のプロ・吉川永里子先生

今回指導してくれるのは、収納スタイリスト・吉川永里子先生。収納に関する著書やメディア出演も多数。自身の片付けられなかった経験を生かし、これまで2000人以上に片付け&収納テクニックをレクチャー。持ち前の明るさと鋭いツッコミ、辛口な愛のムチが人気を集めています。

吉川永里子先生のHP「Room&me」へ

料理しにくい“汚キッチン”の問題点

まずは吉川先生に、佐藤さんのキッチンの問題点を指摘してもらいます。「片づけられない女」のキッチンには思わぬ共通点が!

NGポイント1:

まな板を置くスペースがない

調理スペースはあるものの、食器の水切りカゴが場所を取っているせいで、まな板が収まりません。佐藤さんは普段、この状態で料理をしているそう。「切りにくいんですけど、水切りカゴを移動する場所もないので、つい、このまま…」と頭をポリポリ掻く佐藤さん。「これでは包丁で怪我をする可能性もありますよ。早急な改善が必要です」と吉川先生。

NGポイント2:収納に段ボールを使っている

コンロ下の収納扉を開けると、フライパンが段ボールの中に乱雑に入れられています。「フライパンは立てて収納するといいって本で読んだんです。でも、あんまり使いやすくないような…」と言う佐藤さんに、「これ、一番ダメなやつです。段ボール素材は湿気や火のあるキッチンにはNG。もちろん、見た目も悪いですし」とバッサリ斬り捨てる吉川先生。

NGポイント3:出し入れがしにくい

佐藤さんの食器の収納法は、棚に置いたワイヤーかごに入れるスタイル。「雑貨ショップで『可愛い〜♡』と一目惚れして買ったかごですが、サイズが棚の幅と合わず、出し入れがしにくいんです...」と佐藤さん。そんな状態を見るや、「“出し入れがしにくい”のは収納下手な人の共通点です。可愛くても使いにくければ意味ナシ!」と吉川先生。

NGポイント4:吊り戸棚を活用できていない

収納スペースたっぷりの吊り戸棚があるのに、まったくもって活用できていない佐藤さん。扉を開けると、中には乾物や調味料などがまばらに入っています。吉川先生の「空きスペースが多くてもったいないですよ。これでは、空気を収納しているのと同じ。なぜ、スペースを有効活用しないのでしょうか?」という問いに、「だって、吊り戸棚は高い場所にあるので、脚立にのらないと届かないですから。正直、面倒臭いです。開かずの扉って感じです…」と佐藤さん。

NGポイント5:引出しの中がゴチャゴチャ

収納棚の引き出し内も調理器具やアルミホイル、布巾、お弁当グッズなど、大量のモノでゴチャゴチャ...。どこに何が入っているかわからないため、目当てのモノを見つけだす際は引き出しを片っ端から開けて探すのだとか。「時間のない時なんかはもう大変です(笑)。引き出しをひっくり返して、中身を全部床に出して、ようやく探しモノを見つけ出したことも...」。

NGポイント6:よく落ちるつっぱり棒

キッチンの窓枠につっぱり棒を設置して、そこにS字フックをかけ、まな板や調理器具、ふきんなどを吊るしています。「実はまな板が重いせいか、つっぱり棒がよく落ちるんです...。そりゃ落ちたときはガッシャーン!!!とスゴい音で、毎回びっくりしちゃいます(苦笑)」と話す佐藤さんに、「それでもまだ吊るすんですか?」と吉川先生。

汚キッチンの片づけスタート!

問題点を見出したら、今度はそれらを改善すべく、いよいよ片づけ作業を開始。吉川先生の片づけメソッドにのっとって、作業していきます。作業は「モノを全部出す」「要・不要の見極め」「収納」の3ステップ! 一連の流れをチェックしていきましょう。

STEP1:まずはモノを全部出す

シンクやコンロ下の収納スペースから吊り戸棚、収納棚などに入っているモノを全て出していきます。佐藤さんの場合、調理道具や調味料、食材のストック、保存容器など、大量のモノが。本人も、「えー、こんなに入っていたなんて...」と驚きの様子。

出し切ったモノがこちら!!

「あのスペースにどうやって入っていたの?」と思うほど、大量のモノ、モノ、モノ。

STEP2:モノの要・不要を見極める

「これ、使っていますか?」

モノを全部出したら、続いて見極め作業を。「今、使っているか?」を基準に要るor要らないの判断をしていきます。吉川先生の「最近、これ使っていますか?」との厳しい視線に、佐藤さんは「えーっと、使ったような使っていないような...」とたじたじ(笑)。

「なぜ、2本同時に使う?」

同じオリーブオイルが2本、使いかけの状態を発見。吉川先生の「これ、2本とも使っているんですか? そもそも、なぜ2本とも開けちゃったんですかね」との質問に、「2本もあることに気づいていませんでした…でもこのオイル、とてもおいしいんですよ♡」と佐藤さん。「賞味期限が一緒なので1本にまとめちゃいますね」と冷静な吉川先生。

「形の違う保存容器がいっぱい…」

佐藤さんは自他共に認める“保存容器マニア”のため、さまざまな保存容器を大量に所有。「こんなに多くは要らないですよね? いくつか残して、あとは潔く処分しちゃいましょう」と提案する吉川先生に「え...できれば、取っておきたいです」と佐藤さん。保存容器は、形が揃っていると収納しやすくなるそう。

処分すると決めたモノ

仕分け作業を行なった結果、処分することになったのは...同じサイズのものが2個あったので処分することにした鍋の蓋、同じく2本あったしゃもじ、現在使っていない保存容器やトレーなど。あまりモノの数は減らせていませんが、無事に収納することはできるのでしょうか?

STEP3:いよいよ収納!

仕分けが済んだら、ついに収納作業に突入! 食器、保存容器、ミキサー類、調味料など、アイテムをグループ分けしていきます。

料理しやすいキッチンに劇的チェンジ!

収納を改善したら、使いにくかった”汚キッチン”が料理しやすい”美キッチン”に変化! 具体的な収納テクやオススメの収納グッズは近日公開の続編でお届けします。プロの収納テクをたっぷりご紹介するので、お楽しみに。見逃さないために、記事を「お気に入り」に登録しておくと便利です。

撮影/木谷基一(LIGHT-UP!) 取材/濱田恵理

この記事の前編はこちら

劇的Before→After 使いにくいキッチンの「NG収納」共通点はコレ!

「片づけられない女」代表読者のお宅を劇的に片づけるこの企画。今回は「使いにくいキッチン」の収納を改善します。古い賃貸マンションの”昭和なキッチン”がスッキリ生まれ変わる様子を細部にわたってご紹介! すぐ真似できるプロのアイデアは必見です。
10955

好評の「劇的Before→After」シリーズ、「押入れ編」の記事もチェック!↓

押入れ 劇的Before→After!「捨てられない女」から脱出する方法

「捨てられない女」と聞いて、耳が痛い…という人も多いはず。「いつかまた使うはず」「思い出があるから…」と、なかなかモノを捨てられない皆さんをお助けするこの企画。収納のプロが、モノで溢れかえった読者宅の押入れを劇的に改善します。衝撃的なBEFORE→ AFTERのリアルドキュメントのスタートです!
9871

劇的Before→After後編「片付けられない女」の押入れ、スッキリ収納しました!

収納のプロが“片付けられない女”代表読者の押入れを劇的変化させるこの企画。今朝公開した「捨てられない女編」では、押入れに溢れかえっていた大量の持ち物を見極め、本当に必要なモノだけを残すことに成功しました。今回はいよいよ、押入れにスッキリと収納する作業がスタート。限られたスペースをいかに賢く使うか、プロのワザから真似できるアイデアをたっぷり学びましょう。
12508
記事に関するお問い合わせ