無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30代女性の抜け毛対策!ヘアケアと生活習慣で改善できる!

30代の女性は抜け毛が多くなります。抜け毛が起こる原因は「加齢による毛母細胞の老化」「血行不良」「生活習慣の乱れ」の3つが考えられます。抜け毛を予防するには、ヘアケアと生活習慣の改善が必要です。

ヘアスタイル

30代になると増え始める抜け毛。髪の毛が少なくなると顔が老けて見られやすく、なんとか抜け毛を改善したいという人も多くいます。しかし、抜け毛をなくす具体的な方法について知らない人も少なくありません。

本記事では、30代女性に有効な抜け毛対策について紹介します。30代の抜け毛は、ヘアケアと規則正しい生活習慣で予防しましょう。

30代女性の抜け毛について

bybirth.jp

女性は30代を過ぎると、抜け毛に悩まされる人が増えていきます。ここでは、30代女性「髪の特徴」と「抜け毛の原因」について説明します。

30代女性の髪の特徴

30代の女性の髪は、抜けやすい特徴があります。

髪の毛には、太さを決めるコルテックスというものがあります。女性の髪の毛は、一般的に男性よりもコルテックスの量が多く太く丈夫な髪質をしています。また、20代後半まではコルテックスが成長して髪は太くなっていきます。

しかし、30代を過ぎたころからコルテックスをつくる細胞がうまく分泌されなくなり、少なくなっていきます。これにより、女性の毛髪は細く弱くなり抜けやすくなるのです。

30代女性の抜け毛の原因

30代の女性の抜け毛の原因にはつぎの3つあります。

加齢による毛母細胞の老化

毛母細胞の老化は、髪の抜け毛に繋がります。

髪の毛にある毛母細胞は、毛細血管から酸素や栄養を受け取って髪の毛を成長させる働きがあります。しかし、毛母細胞が老化すると、酸素や栄養を髪の毛に供給できなくなり、抜け毛、薄毛、細毛の原因になります。

血行不良

血行不良は、抜け毛を増やします。

血行不良が起こると、毛根に酸素や栄養が行き届かず、髪の毛に供給できなくなります。その結果、髪の毛が成長できず弱くなり、抜け毛の原因となります。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは、体に負担をかけてストレスとなり、髪の毛が弱る原因になります。

例えば、バランスの悪い食生活や過度なダイエットは、髪の毛に必要な栄養素を不足させます。また、睡眠時間が少なくなると、髪の成長を促す成長ホルモンがうまく分泌されなくなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ