無料の会員登録をすると
お気に入りができます

優しくても注意!「彼女をいつも後回しにする」男性の特徴

恋愛・結婚

友達として関わる分には理想的な男性だったのに、いざ付き合ってみたら外面ばかりよくて彼女への対応が雑、という人もいます。

付き合ってみたら「こんなはずじゃなかった!」となる前に、彼女のことを後回しにする男性の特徴を聞いてみました。

多趣味で交友関係が広い

「彼氏がとにかく多趣味。私とも趣味がきっかけで知り合ったので文句も言えないのですが、土日の予定が2ヶ月先まで埋まっているんです。友達に誘われると私に相談なく予定を入れてしまうのも不満」(28歳/美容系会社勤務)

彼女を後回しにしてしまう典型的なタイプのひとつに、「友達が多く、人付き合いが良い男性」が挙げられます。

多趣味でフットワークが良い男性だと、恋愛にべったりというよりは「友達も趣味も大事」と予定を詰め込みがち。

そして「彼女は理解してくれるだろう」と思ってしまうと勝手に予定を入れてしまうので、付き合う前によく話し合っておくことも大事ですよ。

しっかり話しておくと、後々のトラブルやケンカも避けられます。

仕事で上昇志向が強く、勉強家

「昨年の私の誕生日と彼のTOEICの試験日がかぶったんです。迷わず試験を優先されたんです……。TOEICは毎月のようにあるけど、誕生日は年に1回しかない……。私の存在って?と落ち込みました」(31歳/医療関係勤務)

これは難しいところですね……。

いくら彼女に時間を割いてくれるといっても仕事にやる気がなく、出世欲ゼロの男性も考えものではないでしょうか。

恋に仕事にと、バランスのとれた男性はそんなに存在するものではないので、自分のなかで許せるポイント、許せないポイントを決めておくのが良いでしょう。

お互いに、「相手にとっていまは何が重要なのか」を考えてあげることが長続きの秘訣です。

実家を優先してしまう

「彼氏はいわゆる『マザコン』。母親に絶対逆らえないし、しょっちゅう実家の用事で呼びつけられて帰ってしまうので週末のデートが飛ぶことも多いです。この前なんて『台風で庭の木が傾いた』という理由で帰ってました」(27歳/金融関係機関勤務)

実家が大事な男性も、彼女よりつい親を優先しがちかもしれません。

結婚してしまえば家庭を大事にする良い夫になるという考え方もできますが、それでも「実家第一」は変わらない場合も。彼と話し合うことができるかどうかが問題ですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ