無料の会員登録をすると
お気に入りができます

恋愛に発展しやすくなる!男性が「話しやすいな」と思う子

恋愛・結婚

男性と話が続かず、チャンスがあってもモノにできないことってありませんか?

でもちょっとしたポイントを意識するだけで、スムーズな会話がしやすくなるもの。

そこで今回は「男性が『話しやすいな』と思う女子」についてご紹介します。

愛嬌があり、優しそうなオーラ

「合コンひとつとっても、ニコニコしている子は話しやすいよね。逆に美人でもツンケンされたら、何を話したらいいかわからずオドオドしちゃう……」(25歳/販売)

私たちも職場に怖い、もしくは常に不機嫌な先輩がいたら、わざわざ率先して喋りかけようとは思いませんよね。

人とのコミュニケーションは会話からはじまります。だからこそオーラからして優しそうとか、「この子はキツイこと言わないんだよな」と思ってもらうのってかなり大事。

普段から愛嬌よくする。笑顔を心がける。悪口や汚い言葉は使わない……などを意識することで、話しやすい女子に近づけますよ。

興味を持ってくれる

「仕事や趣味の話をした際、興味を持ってくれると嬉しいですね。気付いたら色々しゃべっちゃう。逆につまらなそうにされたり、スマホをいじられたりしたら無理。心折れちゃいます」(30歳/旅行)

人見知りでつい塩対応になりがちな女性もいるでしょう。

でも話を広げようと頑張っているのに、常にそっけない相槌では彼も虚しくなるもの。「俺に興味がないんだな」と勘違いされてしまうかも。

「それはじめて聞いた!」「面白そうだね!」など、ある程度彼の話に興味を持って相づちを打ってみましょう。それだけで普段無口な男性も、自分の話がしやすいですよ。

適度に自分の話を盛り込む

「俺はまず相手の出方を待つタイプなので、向こうが無言ならあまり喋らないかも。逆に色々話してくれたら、俺も同じくらい話しちゃいます」(33歳/製造)

「何かもらったらお返しをしなきゃ」と思うことを“返報性の法則”と言いますが、これは会話のキャッチボールにも当てはめられます。よっぽど生理的に無理じゃない限り、人は「自己開示をしてくれた分だけ自分も話そう」と思うものです。

そもそもどんな人かわからないのに、自分の話をするのって難しいですよね。だからこそなるべく人見知りオーラを消して、接しやすい空気が作れると男性も安心して話ができます。

適度に自分の話をするのは、会話が弾むだけじゃなく、相手を困らせないことにも繋がりますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ