無料の会員登録をすると
お気に入りができます

まだ大丈夫!彼が「冷たくなった」と感じた時に心がけること

恋愛・結婚

彼と今まで仲良くしていたのに、急に距離を感じたり、冷たくなったと感じたりすることもあると思います。

そういうタイミングが急にやってくると、焦りますよね。でも、こういうときこそ冷静に対応しなければいけません。

では、「彼が冷たくなったと感じたときに心がけること」とは?

浮気を疑わない

彼が冷たくなったと感じたとき、ほかの女の存在を疑ってしまうでしょう。

でも、男性にとって、何もないのに疑われるというのはとても嫌なこと。不快にしか感じません。

すると、あなたへの興味はますます薄れ、関係も悪化する一方です。もし、疑いがあったとしても、疑っている素振りを見せないことです。

それに、疑っても焦るだけ。まずは疑わないようにして、冷静さを保つように心がけましょう。

挨拶やお礼をしっかりする

交際期間が長くなり、お互いに慣れが生じてくると挨拶やお礼をあまりしなくなります。すると、徐々に心も離れてしまう。

彼が冷たくなったと感じるのなら、それはむしろ礼儀を改善するタイミングです。

挨拶やお礼をキッカケに、しっかりコミュニケーションを取ってください。

最初は反応が悪くても、繰り返しているうちに必ず返事をくれるようになるはずです。

短時間で会う

相手が冷たいということは、気持ちも冷めているということ。自分に対する興味を失っているということです。

すると、会って話をしたいと思うかもしれません。長い時間一緒に居て、改善を図りたいと思うでしょう。

でも、興味のない相手と一緒に居ても、苦痛な時間となるだけです。

ならば、興味を持たせるようにすればいい。相手がもっと知りたいというような情報を提供するのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ