無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キッチンツールは置き型卒業! ダイソーの壁付けでいい感じになりました

よさそう! と思って買った収納グッズなのに、「わが家には合っていなかった……」なんて“ざんねん”な結果になっていませんか? そこで、雑誌『LDK』が「失敗しない収納グッズ&アイデア」をプロと探すことに! 今回は、キッチンツールを壁付けで収納する「キッチンツールフック」を比較検証してみました。

100yen

キッチンで頻繁に使うツールは置き型ツールホルダーを使っている人も多いはず。安定感はありますがツール同士が干渉し合って取り出しにくくなるケースが多数発生。特におたまやフライ返しなどの先が広いツールは、ほかの小さいツールを見えにくくします。

トングが別のツールを巻き込んだりすることもありますよね。

そこでおすすめしたいのは、壁収納のフック型ツールホルダーです。

現在はツール収納のバリエーションが広がり、さまざまなタイプが登場。フック式がダメでもマグネット式、シール式など、自分のキッチンに合うものが選べます。

壁付け型のキッチンフックなら、調理中もサッと取り出すことができるようになります。

そこで今回は雑誌『LDK』が、キッチンツールフック4製品をピックアップ。「引っかけタイプ」「シールタイプ」「マグネットタイプ」のおすすめを紹介します。

ダイソー
レンジフード
フック4連
実勢価格:110円

▼検証結果
お手入れしやすさ:◎+
取り出しのラクさ:◎
収納力     :○

レンジフードがあるなら、引っかけて壁につけるタイプがオススメ。ダイソー「レンジフードフック4連」なら、シンプルな作りで問題がなく、おしゃれなのも◎です。

レンジフードにかけるだけで設置ラクラク! 持ち手に厚みがあるツールもかけやすいです。

フックが足りない場合は買い増すのもアリ。2つでも、たった220円です!

吉川国工業所
ライクイット
マグネット5連フック
実勢価格:715円

楽天市場で見る

▼検証結果
かけやすさ:◎+
汎用性  :○

吉川国工業所「ライクイット マグネット5連フック」はマグネットの強さ、ツール同士のほどよい間隔、そしてベストなフックの角度。お手頃なのに、三拍子揃っていて優秀です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ