無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お鍋の焦げを落とす方法6選。ホーロー鍋や土鍋などを使って実演!

料理に欠かせない道具のひとつ、お鍋。うっかり焦げつかせてしまうことってありますよね。この記事では、お鍋の材質別に焦げの落とし方をご紹介します。材質によって使っていいものダメなものを解説付きで伝授!お鍋を正しくお手入れして、長く使えるようにしましょう。

ライフスタイル

失敗しない!お鍋の焦げを落とす方法

Photo by akiharahetta

うっかりお鍋を焦がしてしまったり、蓄積した頑固な焦げにてこずったりした経験はありませんか?料理をするうえで知っておきたいのが、お鍋の正しい焦げ落とし方法です。

間違った方法でお鍋をダメにしてしまわないように、お鍋の焦げを落とすポイントをお伝えします。ざっくりと知っておくだけもお手入れ後の仕上がりが違いますよ。

「ホーロー鍋・耐熱ガラス鍋」の焦げ付きを落とすには?

Photo by akiharahetta

におい移りがなく、保温性も見た目もよいホーロー鍋ですが、焦げが付くと落ちにくいですよね。画像の片手ホーロー鍋は、毎日お茶を沸かすのに使っているため、色素が付着しています。

ホーロー鍋の焦げ落としには、重曹と食器用のスポンジを使用するのがポイント。クレンザーやスチールたわし、メラミンスポンジなどは、傷が付きやすいため使ってはいけません。

これらを使うと、一時的に汚れは落ちますが、同時に傷も付くため、次からはより落ちにくい汚れが付いてしまいます。ホーロー鍋を長持ちさせるためにも使わないようにしましょう。

Photo by akiharahetta

では、焦げ付きを落としていきましょう。500mlの水に対し大さじ2杯の重曹を入れ火にかけます。水を火にかける前に重曹を入れるがポイント!沸騰した湯に入れると噴き出してしまい危険です。10分ほど沸騰させたら、そのままお湯が冷めるまで放置します。お湯がある程度冷めたらシンクに流し、鍋の水気をやわらかいスポンジか布でやさしくふき取ってください。

もし一度で落ち切らなかったら、上記の作業を繰り返しおこないましょう。すべては落ちきらなくても、かなりきれいになりますよ。

Photo by akiharahetta

力を使わずに洗えたうえ、すっかりきれいになりました!ホーロー鍋の焦げ落としには重曹ですね。ぜひ覚えておきましょう。

「アルミ鍋」の焦げと変色を落とすには?

Photo by akiharahetta

軽くて扱いやすいアルミ鍋。野菜をゆでたり、出汁をとったり、魚や肉を煮たりと何にでも使えるので、ひとつは持っておくと便利なお鍋ですよね。

アルミ鍋の焦げ落としに使う洗剤はクエン酸。薬局で粉末のクエン酸を購入できますが、酢やミカンで代用可能です。逆に使ってはいけない洗剤は、重曹と塩素系漂白剤。

重曹はアルミの黒ずみとなり、塩素系漂白剤はアルミを腐食させてしまうおそれがあるためです。絶対に使わないようにしましょう。

Photo by akiharahetta
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ