無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お鍋の焦げを落とす方法6選。ホーロー鍋や土鍋などを使って実演!

料理に欠かせない道具のひとつ、お鍋。うっかり焦げつかせてしまうことってありますよね。この記事では、お鍋の材質別に焦げの落とし方をご紹介します。材質によって使っていいものダメなものを解説付きで伝授!お鍋を正しくお手入れして、長く使えるようにしましょう。

ライフスタイル

酢を使った焦げ落とし方法をご紹介します。酢の量は、水1Lに対し大さじ5杯です。まずお鍋に水と酢を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして10分煮てください。時間が経ったら水を捨て、スポンジでこすって焦げを落とします。

頑固な焦げの場合はスチールたわしでこすってもOKです。ただしこすった跡が付きやすいので力を調整しましょう。

Photo by akiharahetta

蓄積された黄ばみのような汚れが落ち、すっきりしました。また、煮魚を作った際に付いたにおいも消えて大満足!

合羽橋道具街の鍋専門店で聞いたところ、ミカンやリンゴの皮を使ってもきれいになるそうですよ。長年使用して変色してきた場合も、この方法できれいになります。

「ステンレス鍋」の焦げ付きや水垢を落とすには?

Photo by akiharahetta

ステンレス鍋は重曹で焦げを落とします。スチールたわしやクレンザーを使うこともできるため、焦げ付きの加減によって使い分けてください。

焦げ付きが隠れるくらい鍋に水を張り、大さじ1~2杯の重曹を入れて火にかけ、沸騰させます。ぐつぐつと沸騰している間に焦げが浮いてきますよ。10分ほど煮て火を止め、ゆっくりと冷ますのがポイント。水を捨てたらスポンジやスチールたわしでこすり洗いしてください。

必ず水を火にかけるまえに重曹を入れましょう。沸騰した湯に入れると噴き出してしまい危険です。

Photo by akiharahetta

ステンレス鍋は丈夫で使いやすいのですが、水垢が付きやすいという面があります。とくにフタや取っ手の付け根の細かい部分が、水垢で白く曇りがちです。

水垢を落とすのにも重曹が使えます。重曹を少量の水で溶いてペースト状にし、指ややわらかい布などを使い、やさしく撫でるときれいに落ちますよ。

Photo by akiharahetta

傷を付けない方法で洗ったおかげで、ステンレス特有のピカピカした光沢がよみがえりました。1回で落ちない場合は、無理にこすったりせず、同じ工程を繰り返しましょう。

「鉄のフライパン」の頑固な焦げ付きを落とすには?

Photo by akiharahetta

鉄の鍋やフライパンは熱伝導がよく、料理がおいしく仕上がります。ただし、温めが不十分なまま調理すると、たちまち食材がくっついて、やっかいなことに。

画像のフライパンは、餃子の皮がフライ返しでは剥がせないほどガチガチにくっついています。この焦げを落とすのに必要なのは、たわし類です。焦げの程度に合わせて、天然素材またはスチール素材を選びましょう。

Photo by akiharahetta
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ