無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お鍋の焦げを落とす方法6選。ホーロー鍋や土鍋などを使って実演!

料理に欠かせない道具のひとつ、お鍋。うっかり焦げつかせてしまうことってありますよね。この記事では、お鍋の材質別に焦げの落とし方をご紹介します。材質によって使っていいものダメなものを解説付きで伝授!お鍋を正しくお手入れして、長く使えるようにしましょう。

ライフスタイル

鉄のフライパンに使用NGなのは台所用洗剤。よく鉄のフライパンを育てるといいますよね。フライパンを繰り返し使い、油をなじませていくことを表現しています。油を分解してしまう台所用洗剤は使わないようにしましょう。

フライパンが温かいうちに、ぬるま湯で焦げをふやかして、たわしでこすると落ちます。フライパンが冷たくなっていたら、水を張って火にかけるといいでしょう。

Photo by akiharahetta

焦げをすっきり落としたら、火にかけて水分をしっかり飛ばしましょう。フライパンが温かいうちに油をなじませたらお手入れ完了です。

「フッ素加工(テフロン)のフライパン」の焦げ付きを落とすには?

Photo by akiharahetta

もともと焦げ付かないための加工がされたフライパンなので、落としたいのは主に裏面の焦げ付きや汚れになります。普段はあまり気にしない部分かと思いますが、見てください、結構汚れていますよね。

こすり洗い厳禁のフッ素加工フライパンに使う洗剤は重曹です。表面の汚れ落としにも有効ですよ。

Photo by akiharahetta

フライパンよりひとまわり大きな鍋に水と重曹を入れ、火にかけます。重曹の量は、水1Lに対し重曹大さじ4~5杯ほど。必ず火にかける前に重曹を入れてくださいね。

煮立ったらフライパンを入れ、10分ほど経ったら火を止めましょう。冷めたらやわらかいスポンジで洗います。

Photo by akiharahetta

びっくりするくらい簡単にスルスルと焦げが落ちました。力もいらないのでぜひ試してくださいね。焦げを落とせば衛生面も安心ですよ。

「土鍋」の焦げ付きを落とすには?

Photo by akiharahetta

寒い季節に大活躍の土鍋は、やわらかく火が入ったり、保温性が高かったりするのが特徴です。最近ではご飯を炊くのに使う人が増えているようですが、なにかと焦げ付きやすいお鍋でもありますよね。

土鍋のお手入れには、スチールたわしとクレンザーの使用NGです。 2~3時間水でふやかしてから、天然素材のたわしかスポンジで洗いましょう。

Photo by akiharahetta

それでも落ちない頑固な焦げは、重曹か酢を使います。野菜類の焦げには重曹、肉・魚の焦げには酢と使い分けてください。

焦げを覆うくらいの水を入れ、重曹または酢を加えて火にかけます。しばらく沸騰させたら火を止め、冷ましてからやさしくこすり洗いをしてください。酢や重曹の量は、水1Lに対し大さじ5杯です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ