無料の会員登録をすると
お気に入りができます

つまり好き。男性が「本命」だけに見せるサイン6つ

恋愛・結婚

意中の男性の言動は一つひとつが気になるものです。そこで男性が本命にしたい女子に対しどんな言動を取りがちか、男性アンケートを基にリストアップしてみました。

男性が「本命女子」にだけ出すサイン、脳裏にしっかりメモして見逃さないようにしましょう!

(1)LINEが増える

・「LINEを頻繁にする」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「LINEは必ずまめに返す」(28歳/建設・土木/技術職)

「手紙を送る」という回答もありましたが、多かったのはやはりLINE。好意のパラメーターとして「頻度」が挙げられるようです。中には「LINEで毎日あいさつする」という回答もありました。

(2)よく話しかける

・「一緒にいる時できるだけそばで話す」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「用事がなくても話しかける」(32歳/情報・IT/技術職)

リアルでのコミュニケーションにおいても、本命の女性に対しては2人で話す機会を増やそうとします。気づいたら何かと話しかけてくるといった努力のアピールを感じたら、ぜひ分かってあげてください!

(3)何かと気にかける

・「ちゃんと帰れたか連絡する」(29歳/商社・卸/その他)

・「体調を心配する」(30歳/警備・メンテナンス/その他)

あなたのことを気遣って色々対応してくれるのであれば、脈アリのようです。わざと甘えてみたり、弱音をみせたりすることで、本当にあなたのことを心配してくれているのかが分かるかも。ただし、試しすぎるとうんざりされてしまうのでご注意を!

(4)食事代を多く出す

・「食事代はすべてご馳走する」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「食事代を多く出す」(29歳/建設・土木/販売職・サービス系)

本命女子に対してのみデート代を多く払うという声が多数。もし食事をおごってくれた、くれようとした相手がいたとしたら、あなたに夢中かもしれませんよ! ご馳走してもらった時は、当たり前という態度ではなく、きちんとお礼ができると素敵ですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ