無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大人の秘密基地ここにあり!ラグジュアリーな「京都悠洛ホテル Mギャラリー」宿泊レポート

普段は一泊1万円以下の宿しか泊まらない編集部・ゆかっくまがGoToトラベルキャンペーンを使ってリッチステイ♩今回は世界中で人気の「アコーグループ」が日本で最初に作った「京都悠洛(ゆら)ホテル Mギャラリー」へ。コンセプトから家具まで、まるでテーマパークのように細部までこだわり抜かれた上質空間に仕上がっており、友人や家族を連れていきたいとっておきのお宿です。京阪三条駅からすぐでアクセスも抜群!

旅行・おでかけ

京都悠洛ホテル Mギャラリーってどんなホテル?

星の数ほどある#京都ホテルのなかから、今回選んだのは京都・三条大橋のそばにある「京都悠洛ホテル Mギャラリー」。

ここは、世界でも人気の「アコーホテルズ」が日本で初めて作ったホテルなのです。なかでも「Mギャラリー」というブランドは…
・女性向け
・その土地の歴史や文化を大切にする
という特徴を持つ、アコーウループのプレミアムブランド。

このホテルのある三条大橋は、あの大政奉還ともゆかりがあり東海道53次の西の終点という歴史の息づく場所。そういった背景もあって、この土地を日本進出第一号の場所に選んだんだとか。

ホテルへのアクセスは?

京阪三条駅から徒歩約3分。
地下鉄東西線三条京阪駅から徒歩約2分。

祇園や四条河原町までも歩いて10~15分ほど。
JR京都駅からはタクシーで約15分です。

入った瞬間タイムスリップ!フロントからこだわり満載

前置きもほどほどにして、早速ホテルへ入っていきます。

外観は思ったよりシンプル。入り口がどこかわからず迷ってしまうのですが、これがまたこのホテルの良さを引き立てているんです...。(伏線)

みなさんの期待値を高めたところで、ホテルの中へ。

ホテルに入ると、いきなり竹林がお出迎え!
このホテル(&土地)のシンボル的な存在で、なんとこちら本物なのです。

チェックインカウンターの周りは、ペルシャ絨毯や焼き物などギャラリーのような雰囲気。

気になって聞いてみると、このフロント階自体が明治時代の華族の邸宅をイメージした作りになっているんだとか!

カウンター周りはお客さんをもてなす”応接間”をイメージ。邸宅の主人が集めたコレクションがずらっと並んでいます。

テーマパークのような細かすぎるこだわり...!チェックインする前からもうすでにMギャラリーの魅力にハマってしまいそう。

和とモダンが入り混じる、居心地抜群な客室

「スーペリアルームキング」1泊2万5000円前後

客室は、一番コンパクトな「クラシックルーム」、そしてこの「スーペリアルーム」、広々とした「デラックスルーム」、最後にリビングのある「京スイートルーム」の4タイプ。

今回宿泊したのは、「スーペリアルームキング」。キングサイズのベッドが1台あるお部屋です。

ベッドにはシモンズ製のマットレスが!ふっかふかな寝心地で、一度ダイブしたらTHE・END。動けなくなってしまうのでご注意を。

ベッドボードにはシルクの西陣織が使われていて、京都の伝統を感じることができますよ。

少し休憩したいな~というときに便利なのがこの畳の小上がり。

腰掛けたり寝転んだり...小休憩にはピッタリのスペース!いままでありそうでなかったこの発想、脱帽です。

小上がりの脇に目を向けてみると、コーヒーマシンがあるではないですか!なんと、こちら全室備え付け。お部屋でおいしいコーヒーが飲めちゃうんです。

さらに、ホテルではおなじみのティーパック類もセンスがきらり。「祇園辻利」の宇治玉露(緑茶)に、「ルピシア」の紅茶まで。いつでもおいしいティータイムを過ごせます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ