無料の会員登録をすると
お気に入りができます

読書の秋到来。今までにない読書体験と本との出会いを求めるなら六本木「文喫」へ!

秋といえば、読書の秋!たまにはじっくり本を読んで自分の視野を広げてみたいという人も多いはず。六本木にある「文喫」では、自分ではなかなか見つけることのできない本との出会いを提供する仕掛けがたくさん!今回はこちらのスポットの魅力をご紹介します。

旅行・おでかけ

一期一会の本との出会いを生み出す読書空間

地下鉄・六本木駅より徒歩1分、「本と出会うための本屋」というコンセプトで2018年にオープンした「文喫 六本木(ぶんきつ ろっぽんぎ)」。入場料1500円を支払って入店するという珍しい書店です。

カウンターで受付を済ませると、「選書室」や「喫茶室」、「閲覧室」などを時間制限なく利用できます。コーヒーと煎茶もフリードリンクで、読書のおともに自由におかわりすることができますよ!

「選書室」には約3万冊の書籍がずらりと並びます。

なんと、ここで販売されている本は同じ本は1冊もありません。本を紹介するPOP等もなく、訪れた人自身が興味の赴くままに本を探し、見つけた本との出会いを大切にしてもらうことが狙いなのだとか。

本はもちろんすぐに購入可能。1冊しかないので、これだ!と思う本を見つけたら、熱が冷めないうちに購入するのがいいかもしれません。

本はアート、デザイン、ビジネス、食など、幅広いジャンルがカテゴリーごとに並べられています。置かれている本はスタッフさんが厳選し、少しマニアックなものも多く取り揃えているそう。

また、自分が読んでみたいテーマを伝えればその人に合った本を提案してくれる「選書サービス」も(別途3000円税別)。
スタッフさんが事前に丁寧にヒアリングをしていくつかの本を選んでくれるので、自分だけでは見つけることができない新たな出会いが待っているはずです。

本との出会いだけじゃない!「文喫」をさらに楽しむには?

閲覧室

「文喫」には、さまざまなタイプのお席がたくさん!

まずは2階の「閲覧室」。広いスペースの机とゆったりとした椅子があり自習室のような雰囲気で、集中して本を読み込みたい時におすすすめの場所。

電源、Wi-Fiも完備で、読書だけでなく仕事も勉強もはかどる空間です。

研究室

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ