無料の会員登録をすると
お気に入りができます

300年の歴史と匠の技が息づく、フルーツサンド専門店が銀座にオープン

「GINZA FRUIT BOON」は2020年10月2日、東急プラザ銀座にオープンしたフルーツサンド専門店です。フレッシュな果物を使った絶品フルーツサンドで注目を集めており、その美味しさは、SNS世代からお子さん連れのファミリー層まで、幅広い年齢層を魅了しています。今回は、そんな「GINZA FRUIT BOON」の魅力を探るために銀座に行ってきました!

グルメ

江戸時代から300年ほど続く、老舗仲卸が厳選したフルーツを使用

「GINZA FRUIT BOON」は、連日完売が続いているフルーツサンド専門店。お子さん連れのファミリーから20代の若い女性、ご年配の方々まで幅広いお客さんから支持を得ています。そのおいしさの秘密について聞いたところ「こだわりのポイントが3つあります!」とプレスの秋山さん。 う~ん、気になる。早速、詳しく聞いてみましょう。

まず1つ目は、プロが目利きしたフルーツを使っていること。「GINZA FRUIT BOON」の果物は、江戸時代から300年ほど続く、大田市場の老舗仲卸が厳選した一級品です。「仲卸さんと取引すると、どんなメリットがあるのでしょうか?」と聞いたところ「年間を通して食材の品質が安定しますね」と秋山さん。

マンゴーを例に挙げて少しだけ考えてみましょう。国産の旬は7月後半から8月なので、冬は仕入れることが難しいそうです。しかし、フィリピン、メキシコ、ブラジルなどマンゴーが獲れる国はいろいろあるので、その時期に、もっとも熟している産地を選べばおいしく食べることができます。

「ブドウが苦手だったお客さんが、あまりのおいしさにリピートするほど絶品のフルーツが揃っていますよ!」と、笑顔で答えてくれました。

絶妙な食パン&パティシエの技術が詰まった生クリーム

2つ目が食パン。300軒以上のお店を食べ歩き、フルーツサンドに最適のパンを選んだそうです。パンの決め手は、控え目な主張のなかに味わいを支える力があったこと。フルーツサンドのなかには、ぱさぱさした食感のパンを使っている商品もあります。

もちろん、そちらが好きな方もいますが「GINZA FRUIT BOON」ではケーキに近いフルーツサンドを提供したかったとのこと。そこで、スポンジのように主役を引き立てながらも、隠れて良い働きをするパンを採用しています。実際にSNSでは、「食べ終わった後に、あれパンあったっけ?ってなるほど一体感が凄かったです!」という声をいただけたので、「狙い通りだな!」と思ったそうです。

3つ目が生クリームで、特徴は軽い口当たりです。トップパティシエの匠の技により、「持った時にはあんなにずっしりしていたのに、意外とペロッと食べられたな~」という食後感を実現しています。

リピーター続出のバナナジュースも要チェック

ここからは、おすす商品をご紹介。まずはイチゴ、キウイ、バナナ、オレンジを使った「フルーツミックス」680円(税抜)です。フレッシュな果物がゴロゴロ入った、お店のナンバー1メニュー。

また「シャインマスカット」980円(税抜)も人気です。食材には、キングオブシャインマスカットの岡山県産「晴王」を使用。スッキリとした爽やかさと高級感のある甘さが魅力です。

「GINZA FRUIT BOON」の一押し商品は、フルーツサンドだけではありません。「すっきりバナナジュース(R)」500円(税抜)も注目の一品。 採用しているバナナは糖度が高いエクアドル産。作り方にもこだわりがあり、シュガースポットを見ながらバナナを寝かせて甘味を引き出す「追熟管理」を行っています。

シュガースポットとは、表面に出てくる黒い斑点のこと。バナナの熟成度を見極めるポイントで、「GINZA FRUIT BOON」では出方をチェックして、もっとも美味しいタイミングのバナナを使いジュースを作っています。

そんな手間暇かけて作られるバナナジュースは、サッパリとした後味とモッチリとした自然な甘みが魅力です。最高品質の果物を使ったフルーツサンド&ドリンクを体験したい方は、ぜひ足を運んでみてください!

■GINZA FRUIT BOON

住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 B2F
TEL:080-4056-9035
営業時間:11~21時
定休日:無休

text:松本俊朔(エフェクト)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額に改訂などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ