無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼に「育ちが良さそう」と思われる話し方とは?

恋愛・結婚

大好きな彼に、ガサツな女だと思われたら哀しいですよね。

できれば、「育ちが良さそう」「素敵な女性」と思われたいものです。

今回は、育ちの良さを感じる話し方について探ってみました。

相づちが「ええ」

意中の彼と一緒にいるときはもちろん、店員さんや仕事関係者と話すときも、相槌ひとつで印象が変わるもの。

一般的に仕事関係者や店員さんと話す時は、「はい」「そうなんですね」などが多いでしょう。なかにはフランクに「うん」「へえ」「すごいですね」などと言うこともあるかもしれません。

メインで使う相槌を「ええ」に変更するだけで、育ちが良くて、知的な印象になりますよ。

人の話しを遮らない

人の話しを最後まで聞かない人は、ガサツな印象を与えてしまいがち。

きちんと話しを最後まで、にこやかに聞いてくれる人のほうが、もっと話したいと思いますよね。

でも実践するのは、案外難しいもの。つい「それ知ってる!」と相手の言葉を遮って、自分の話しをしてしまう人も多いのでは?

この場合は、「今の私の役目は『脇役』になること!主役は今話している相手」「すてきな脇役に徹しよう!」と思うと、上手くいきますよ。

慣れてくると、そんなことを思わなくても、聞き上手になっているはず!

姿勢良く話しを聴く

相手に話を聞いてもらう時に、目の前の食べ物に夢中だったり、だらしなく座って聞いていたりすると「ちゃんと聞いているの?」と不安になってしまいますよね。

あまりにひどいと、話をする気持ちが削がれてしまうことも。行儀が良くない人は、相手を嫌な気持ちにさせてしまいます。

人の話を聞く時は、顔だけではなく体も相手のほうに向けて、姿勢よく聞くのがポイント。

姿勢良く、体全体で自分の話を聞いてくれる人は「品の良い人」と思われる可能性が高いですよ!。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ