無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気持ちを添えて。心に残るラッピングアイデアコレクション<前編>

作品や贈りものをさらに素敵に見せる、ラッピングのアイデア・ポイントを作家さんにおしえてもらいました。素材や色使いこだわったシンプルなラッピングから、シールや花材を取り入れた華やかなラッピングまで、バリエーションたっぷり。あたたかな気持ちも一緒に贈りましょう。

DIY

アイデア1:包む素材にオリジナリティを

プレゼントをもらった瞬間からわくわくを演出するラッピングペーパー。オリジナルプリントや、めずらしい素材で差をつけて。

◆ 押し花を印刷したラッピングペーパー

本物の押し花を印刷してつくったラッピングペーパーはオリジナルでつくられたもの。ピンクのリボンとシールをプラスして、ギフトらしさを。

TiCaTiCaらしいラッピングペーパーをつくりたくて思いついた押し花を印刷するアイデア。封を開く前から、作品の世界観をたのしんでいただけると思います。(TiCaTiCaさん)
mag.minne.com

・作品:jelly series(ピアス/イヤリング)

jelly series(ピアス/イヤリング)
ギャラリーはこちら

◆ 緩衝材のクッションペーパー

切り込みがアクセントになった、緩衝材のクッションペーパーを使用したラッピングテクニック。
丸い「THANK YOU」カードと麻ひもでまとめ、さらに白枝の素材をプラスしてナチュラルに仕上げています。

クッション性にも優れているので、緩衝材のクッションペーパーは作品を包むのにぴったり。小枝などの天然素材を添えて、全体の雰囲気を統一しました。(•• ito to katachi ••さん)
mag.minne.com

・作品:カルミアのイヤリング ••モーブ••

カルミアのイヤリング ••モーブ••
ギャラリーはこちら

◆トレーシングペーパーで抜け感を

トレーシングペーパーで包むアイデア。箱の上から包んでも、台紙+OPP袋の上からそのまま包んでも、抜け感が出てやわらかい印象に。
作品のモチーフをそのままあしらったタグやシールもおしゃれです。

黒い箱だけではどうしても重くなってしまうので、上からトレーシングペーパーで包むことも。中身がわかるように作品のイラストを自分で描いたタグも、ポイントです。(fericitaさん)
mag.minne.com
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ