無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「いいね」いただきました♡"料理"をおしゃれに美味しく撮る方法

「料理」の写真ってSNSに投稿したくなりますよね。でも、なかなか美味しそうに撮れない…と思っている方も多いのではないでしょうか?美味しくしかもオシャレに撮るにはちょっとしたテクニックがあるんです。

2017年10月
グルメ

"料理"を美味しく撮りたい

Media?size=l
instagram.com

SNSに料理を投稿したいけれど、オシャレで美味しそうに撮るのはなかなか難しいもの。そんな時は、少しのテクニックを思い出すだけでOK。フードフォトが上手になる方法をさっそくチェックしましょう。

撮影の角度を使い分ける

真上からのアングルで撮る

Media?size=l
instagram.com

まずは料理を撮る際のアングルを意識してみましょう。編目状のパイ料理は真上から撮ると魅力がUPします。また、ケーキを1人分切り分けた構図にすることで、動きが加わり雑誌風のおしゃれな写真を摂ることができます。

斜めからのアングルは焦点を絞る

Media?size=l
instagram.com

はっきりとした主役メニューがある場合には斜めからのアングルで撮るのがおすすめです。焦点を絞り背景をぼかすことで主役の料理が美味しく際立ちます。

断面・層を見せたいものは横から

Media?size=l
instagram.com

パフェなどの層になっているものは、横からのアングルがオススメです。キュートさと美味しそうな香りが漂ってくる写真が撮れますよ。

料理の盛り付けを工夫する

赤・黄色・緑を使う

Media?size=l
instagram.com

料理の盛り付けは、基本的に赤・緑・黄色の3色を使うことを意識してみましょう。見た目のカラーバランスが整うだけでなく、ヘルシーな印象も加味できます。

こんもりと盛り付ける

Media?size=l
instagram.com

具材はこんもりと盛り付けると見栄えもよく美味しそうに見せることが出来ます。おにぎりは具材を上に乗せることで味の想像ができ食欲をそそります。

同じものを並べる

Media?size=l
instagram.com

同じものを並べて盛り付けるとオシャレさが急上昇!たくさん並んだ料理は、家族や仲間との楽しい時間までイメージさせてくれます。

食材を立ててみる

Media?size=l
instagram.com

意外性を狙うのもオシャレで美味しそうな写真のテクニックなんです。普通は横の状態で食卓に並ぶような料理を、あえてグラスなどに立たせてみましょう。センスの良さが垣間見えるんです。

たらっと感を味方に♡

Media?size=l
instagram.com

たらっとした表情はフードを美味しそうに見せる最大のアピールポイント。クリームの他、ポーチドエッグを割った瞬間などライブ感のあるフード写真には心を奪われます。

フルーツを使う

Media?size=l
instagram.com

フルーツの断面はまるで花が咲いたような美しさ。色とりどりなフルーツを意識的に取り入れて、美味しくておしゃれな写真に仕上げてみましょう。

食器の持つポテンシャルを享受

カッティングボードはお約束

Media?size=l
instagram.com

カッティングボードはフードフォトを盛り上げてくれるお約束の名脇役です。バケットならナイフとともに撮影することでライブ感も演出できます。

ナチュラル素材を使う

Media?size=l
instagram.com

ウッド・スレート・大理石など、自然素材の食器は料理を美味しくおしゃれに見せてくれる効果大!

箱詰めする

Media?size=l
instagram.com

箱詰めはオシャレさをぐんっとUPしながら料理を簡単に美味しそうに魅せることが出来る魔法の器です。俯瞰で撮ることを意識した色とりどりな盛り付けがおすすめです。

ガラスの透明感を利用する

Media?size=l
instagram.com

透明のガラス食器は側面からの表情も見せられるので効果的に取り入れたいところ。また、ひんやりとした温度感の演出にもGOOD。

憧れのオシャレ食器で

Media?size=l
instagram.com

イッタラやアラビア、マリメッコなど見た目だけでそれと分かるブランド食器はフードフォトの強い味方。

一緒に撮るものでストーリー性を

手を写り込ませる

Media?size=l
instagram.com

ただ単に料理だけを撮らずに一緒に写すものでストーリー性を加味するのも効果的です。中でも人の手はそれだけで温かみを感じさせる存在に。

調味料など既製品を添えて

Media?size=l
instagram.com

「これを、こう垂らして...」と、写真を見ている側の想像を促すように既製品を配置しておくのも効果的。こんな上級者のフォトテクにもぜひトライしてみましょう。

カトラリーを添えて

Media?size=l
instagram.com

フードフォトの世界観を盛り上げてくれるのがナイフやフォークと言ったカトラリー類。きれいに並べずにあえて無造作な感じを出すことでライブ感が高まります。

相性の良いお酒とともに

Media?size=l
instagram.com

お酒などの飲み物も一緒に写真に収めれば雰囲気が急上昇!パートナーと料理を楽しみながら美味しいお酒でまったり過ごす…そんなストーリー性のある写真が簡単に完成しますよ。

朝日を取り込む

Media?size=l
instagram.com

美味しそうに撮るならライティングは重要なポイントです。中でも自然光は料理を美味しそうに見せてくれます!優雅な朝の時間を連想させる効果も狙えます。

外食での撮影ポイント

カフェは窓際の席を狙って

Media?size=l
instagram.com

外食先でも料理を美味しそうに撮りたいなら、お席は自然光が入る窓際がBEST。素材の表情が際立ち色も鮮やかに写ります。

接写で香り立つような臨場感まで

Media?size=l
instagram.com

こってりとした濃厚な料理は接写で臨場感を出すのがおすすめ。見ている人の嗅覚まで刺激するかのような接写で「今すぐ食べたい!」と思わせちゃいましょう!

テイクアウト・お土産を撮影

盛り付けで遊ぶ

Media?size=l
instagram.com

買ってきたものを撮るなら盛り付け方が見せ所です。こんな風にドリンクの上に乗せてあげればドーナツもインスタ映え間違えなし。

あえてサーブする前を撮る

Media?size=l
instagram.com

今から食卓に運ぶ...そんなサーブ前の準備段階を撮影するのもおすすめ。「何人いるのかな?」とか「友達が遊びに来たのかな?」とフードフォトの奥にあるストーリーに想像が掻き立てられます。

アプリの力も借りちゃう♡

linecorp.com

簡単に美味しくおしゃれなフードフォトを撮るならアプリの力も借りちゃいましょう。「Foodie」は食べ物撮影に特化したフィルターが30種類以上揃っている上、ライブフィルターまで実装している優れもの。

Foodie/App Store
Foodie/Google Play

美味しく撮ってみんな幸せ♡

Media?size=l
instagram.com

美味しそうなフードフォトは、見ている人にも笑顔をおすそ分けできる素敵な存在。簡単なテクニックであなたの写真も今すぐアップデートできますよ。こだわりのフードフォトで「いいね♡」をたくさんもらいましょう。

記事に関するお問い合わせ