無料の会員登録をすると
お気に入りができます

楽しく金銭管理しよ!お金の扱いが上手になる3つのコツ

どうすれば、楽しくお金の管理をすることができるのでしょうか?

節約・マネー

(lolostock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「節約しなくちゃ…」と思いつつ、上手に金銭管理ができずに困っている人も多いようです。気づいたら財布の中身が空っぽだ! と焦らないためには、どうすればいいのでしょうか?

楽しく金銭管理するコツを、fumumu取材班が聞いてきました。

①固定費を把握

「毎月決まっている出費額を把握するだけで、お金の管理がすごく楽になりますよ。そんなに使った記憶がないのにいつも金欠だったときは、固定費をまったく把握できていませんでした。
必ず払わなくてはいけないのに、その出費を無視して『今月はこれくらい収入があるから、これ買っちゃお~』とお金を使っていたんですよね…。
家賃やスマホ代は把握できていたんですけど、私の場合は有料アプリや動画サービス、交通費を無視していました。毎月必ずこれくらいは使う! としっかり把握しておけば、自由に使っていい金額もパッとわかって楽ですよ」(20代・女性)

関連記事:「浪費癖」から卒業するには? お金を使いすぎないためのポイント

②知識を身につける

「金銭管理って、難しく感じる人もいると思うけど…。知識を身につければ、ゲーム感覚で楽しめると思います。税金や資産運用など、わかりやすく教えてくれる漫画や動画が今はたくさんありますよ。
知らないことがたくさんあるうちは、難しそう! と一歩引いてしまうんですよね。知っていることが増えるうちに、私はどんどん楽しくなっていきました。
お金の管理は、どうしても避けては通れない道ですから。どうせやらなくてはいけないなら、どうやったら自分が得なのか知っておいたほうがいいと思います」(20代・女性)

③無理のない節約を

「お金をしっかり管理しようと、無理に節約するのは逆効果だと思います。自由にお金を使えないストレスがたまって、余計に金銭管理に苦手意識が生まれてしまうんじゃないでしょうか。
私も、必要最低限のお金しか使わない! と必死になったことがありましたけど…。どんどん気持ちがすり減って、生活にハリがなくなったんです。気持ちにゆとりを作るためにも、多少お金を使うことも大切なんだと思いました。
贅沢をするんじゃなくて、たまにコンビニでアイスを買うとか、ランチを外で食べてみるとか、ちょっとしたことでいいんです。自分がイライラしないくらいの節約が、長続きすると思いますよ」(20代・女性)

お金の知識が増えれば、生きていくうえで自分を守る武器にもなりそうです。

「数字は苦手…」と見て見ぬふりをせずに、楽しく学べそうな方法をぜひ探してみてくださいね。

(文/fumumu編集部・くまのなな)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ