無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[11/30〜12/6の運勢]12月1週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年下半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2020年下半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

名前の付かない関係性を

今週のおひつじ座は、リズミカルな偶然を愉しんでいくような星回り。

「女人咳きわれ咳つれてゆかりなし」(下村槐太)という句で詠まれているのは、電車なのか、待合室なのか、閉じられた公共の空間でたまたま同席していた女性が咳をして、たまたま「われ」も続けざまに咳をした情景。そんな偶然それ自体に、作者はそこはかとない嬉しさを感じたのでしょう。

けれどその直後には、たまたま続けざまに咳をしたことくらいしか、その「女人」との縁はなかったことを認識して、「ゆかりなし」などとわざわざ言ってみせているのです。思わず「当たり前だろ!」とツッコんでしまいたくなる間合いとテンポですが、作者もそれは念頭においていたのではないでしょうか。

ピタゴラスイッチではないですが、ある意味でそれに近い形で偶然の奏でる音楽の調べを愉しんでいるように感じられます。あなたもまた、そんな風に不意にみずからにおとずれた偶然やたまたまに大いに精神が触発され、新たな楽しみや交流が始まっていくかもしれません。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

イージーライダー

今週のおうし座は、「うまくいく」ための配置や距離や関係を調整していこうとするような星回り。

親子二代の競馬の騎手である福永祐一は、馬と騎手との関係について「騎手には馬の力を120%にすることなどできない」と話しています。馬に騎手が乗った時点で、騎手は馬に対してマイナスにしか作用しない。だから、騎手にできることは、そのマイナスをできるかぎり少なくすることなのだと。

騎手が軽量であることが大切なのは言うまでもなく、馬の姿勢に対する騎手の姿勢や乗馬フォーム、馬の運動にあわせた体重移動をその都度その都度調整していくことで、馬が本来もっているポテンシャルが発揮されるパーセンテージを40を50に、できれば60を70へと、少しでも下げないようにしていくことでしょう。

一連の流れに参与している複数の存在者同士による「うまくいく」関わりとは、まさにこのようなものなのかもしれません。あなたもまた、仕事の道具や環境であれ身近な人間関係であれ、どれだけ自身の負担を少なくすることができるか追求していくといいでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ