無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「やりたいことがない」毎日に諦めていませんか? 理想が見つかる、どんどん叶う! 魔法の「雑誌スクラップ術」

ライフスタイル
「前に作ったあのレシピ、どこだっけ?」をなくす方法|簡単メモでリピレシピに!「プレレシピノート」のススメ

グッズは「MYカタログ化」する

雑誌を見ていると「これほしい!」と思うアイテムがいろいろ出てくると思います。たとえば、服、雑貨、本などです。

こうしたアイテムの情報管理には、3つの材料を遣います。ファイル(冊子状のもの)、ボールペン、油性ペンです。

STEP1 切り取る

ほしいグッズをひとつずつ切り取って貼るよりも、ページごと切り抜いてファイリングするほうがずっと手軽です。

STEP2 印づけ

ファイリングしたもののうち「これは持っている」「これは買わないと思う」というものは、油性ペンでざっくりと消しましょう。そして、ほしいグッズはボールペンで丸をつけます。すると、ほしいグッズだけが際立った状態になります。また、手に入れたら油性ペンで丸をなぞり書きすると、手に入れたことがひと目でわかります。

STEP3 買いもの時に活用

ショッピングモールに行く前や、ネットショッピングをするときに、この冊子状のファイルを確認すれば、前からほしかったものがわかります。

なお、上で紹介した3つの分け方にも当てはまらないけれど「ページごと読み返したい」ものにも、冊子状のファイルは使えます。たとえば、憧れの人のインタビュー記事などです。

まねしたい「行動」はノートにまとめて動けるようにしよう

3つ目は「行動」のまとめ方です。

雑誌の中には、日々の暮らしや仕事、生き方のヒントとなる「行動」が書かれていることもあります。たとえば収納方法、1日の時間割、バッグの中身などです。それぞれ、自分が片づけたり過ごしたりするときの参考になります。

こうした情報は、雑誌とノートの合わせ技で管理するのがおすすめです。

私の場合は、画像のようにA5サイズのノートに貼りつけて管理しています。

これはもともと読書ノートとして作りはじめたもの。雑誌だけじゃなく、テレビで見たこと、ブログで読んだこと、無料のパンフレットなど、あらゆるものをテキストとして、残しておきたい情報をまとめています。

どんなノートでも構いませんが、必ずやってほしいことがあります。それは、右端に「やること欄」を用意すること。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ