無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なぜ日本はクリスマスにチキンを食べるの?!あまり知られていない理由とは…

ツリーを飾って、ごちそうを食べて、大切な人と過ごすクリスマスは、1年の中でも特別な日。クリスマスというと、ローストチキンやフライドチキンを食べるイメージがある方も多いと思いますが、…さて、なぜチキン料理なのでしょうか?今回は「クリスマス=チキン」になった意外な理由をmichill編集部がご紹介します。

グルメ

クリスマスにチキンを食べるのは日本だけ!?

いよいよ12月に入り、次なるイベントはクリスマス♡

クリスマス当日は、鶏を丸ごと焼いた「ローストチキン」や、鶏肉をサクッと揚げた「フライドチキン」が定番料理ですよね。

しかし、なぜクリスマスといえばチキンなのでしょう?「昔からそうだったから」「なんとなくイメージで」という方も多いと思います。

実はイギリスではローストビーフ、北欧では肉より魚、スウェーデンでは豚肉料理など、世界各国ではクリスマス=チキン(鶏肉)というわけでもないんです。

日本でこれほど「クリスマスにチキン」が根付いたのは、いつ頃からなのでしょうか。

なぜ日本ではクリスマスにチキンを食べるのか?

日本で「クリスマスにはチキン」が当たり前になった理由には、きちんとしたルーツがあります。

クリスマス当日の12月25日は、イエス・キリストの誕生日。キリスト教の信仰が深いアメリカやヨーロッパ諸国ではキリストの誕生を祝い、感謝する風習がありました。それが、クリスマスという行事の始まりです。

そんな特別な日の料理として定番だったのが、七面鳥のローストです。そのため、現在でもアメリカでクリスマスの定番といえば、ロースト―ターキー(七面鳥の丸焼き)と言われています。

クリスマスというイベントは、アメリカから日本に広まりましたが、当時、日本では七面鳥が生息しておらず、入手が難しかったという背景があります。

その代わりに使われたのが、そう、鶏肉(チキン)だったのです!

ローストチキンというと、七面鳥のことだと思っていた方も多いかもしれませんが、クリスマスに鶏肉を食べるのは日本独特の文化だったんですね。

「クリスマスにフライドチキン」はケンタッキーが流行らせた!

そしてクリスマスに食べるチキンといえば、ケンタッキーフライドチキン(KFC)を思い浮かべる方も多いはず。実はこれにもきちんとした理由がありました!

アメリカ生まれのファストフードチェーン店「ケンタッキーフライドチキン」(KFC)が日本にはじめて出店したのが1970年。

当時は「骨付き肉を手で食べる」という文化が日本になく、順風満帆なスタートではなかったのだとか…。しかし大阪の万国博覧会や高度経済成長などの流れから次第にファッショナブルな存在として浸透していったそうです。

そしてあるクリスマス、日本に住む外国人が「七面鳥がないから、チキンを食べにきた」と来店したことをヒントに、KFCの営業担当者が「クリスマスにはケンタッキー」というコマーシャルを打ったことで、現代の「クリスマスにはフライドチキン」という文化が根付いたといわれています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ