無料の会員登録をすると
お気に入りができます

顔の横の髪、どこまで残すのが正解?"こなれ"後れ毛の作り方

ヘアスタイル

後れ毛でおしゃれを演出したい♡

今季は後れ毛を残したヘアアレンジが流行っています。ヘアカタログやInstagramで紹介されている人気のアレンジは後れ毛でこなれ感を演出しているものが多いですよね。

hair.cm

しかし、後れ毛は一体どのくらい残せばおしゃれになるのでしょう?一歩間違えるとボサ髪になってしまいますから、ちょうど良いバランスを知りたいものです。

そこで今回は、後れ毛の悩みを解決し、誰でも簡単におしゃれになれる“後れ毛のコツ”についてご紹介します。コツを覚えてセンスアップしちゃいましょう!

1.後れ毛は3ヶ所が可愛い♡

後れ毛はバランスと分量、質感が大切です。プロの美容師さん達は感覚で後れ毛を作っていきますが、私達にはなかなか難しいもの。そこで“後れ毛は3ヶ所に作る”をキーワードに後れ毛を作る場所を覚えていきましょう。

①ポニテは「顔周り、もみあげ、耳後ろ」

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

ポニーテールの場合は「顔周り、もみあげ、耳後ろ」の3ヶ所に後れ毛を残すと素敵。両サイド同じバランスで後れ毛を作ると、おしゃれ感が演出できます。後れ毛は最後にシアバターでしっかり保湿するのがポイントです。

②お団子は「顔周り、もみあげ、襟足」

お団子の場合は「顔周り、もみあげ、襟足」の3ヶ所に後れ毛を残すと素敵。襟足に後れ毛を残すと、後ろ姿がグッと色っぽくなりますよ。

③ハーフアップは「前髪横、顔周り、もみあげ」

ハーフアップの場合は「前髪横、顔周り、もみあげ」の3ヶ所に後れ毛を残すと素敵。細い毛束感を作りヘアワックスでセミウェットな質感に仕上げましょう。

2.後れ毛はコテ巻きして可愛く♡

後れ毛を3ヶ所残したらコテ巻きをして、さらに可愛く仕上げましょう。

記事に関するお問い合わせ