無料の会員登録をすると
お気に入りができます

元祖から進化系まで!2018年「いちご大福」の人気商品5選!

今まさに旬を迎えたいちご大福!毎年この時期を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。ここ数年でバラエティー豊に進化してきたいちご大福ですが、今回は、2018年日本橋三越本店に登場するラインアップから注目の5品をご紹介します。

macaroni_repro

グルメ

2018年注目のいちご大福!

この記事は、三越伊勢丹が運営する、らしさに出会える、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。

FOODIE(フーディー) | らしさに出会える、食メディア | 三越伊勢丹 http://mi-journey.jp/foodie/

今まさに旬を迎えたいちご大福。毎年この時期を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。ここ数年でバラエティ豊かな進化を遂げ、ラインアップはどんどん充実しています! 人気の和菓子ブランド各店では、老舗らしい「元祖」の味わいから、いちごが大福の外から見えるもの、さらには餡に豆乳クリームが入ったものまで、さまざまなタイプのいちご大福が揃います。

今回は日本橋三越本店に登場するラインアップから注目の5品をご紹介。今しか食べられない期間限定のものも多いので、ぜひ旬の時期を見逃さないで!

<大角玉屋>赤えんどう豆が入った、いちご大福の「元祖」

<大角玉屋>いちご豆大福(1個) 249円(税込)※毎週水曜日 午前11時ごろ入荷

いちご大福の元祖がこちら、<大角玉屋>の「いちご豆大福」。約30年前に三代目店主が考案し、いちご大福ブームを生み出したといわれています。

赤えんどう豆を練り込んだ伸びの良い餅生地の中には、コクがあるつぶ餡、そして大粒の真っ赤ないちごが。材料はすべて国産のものを使い、保存料を使用しないというこだわりようです。

その日の朝一番に手作りしているので、数量限定。入荷時間を狙ってお店を訪れるのがおすすめです。

<清月堂本店>いちごを大胆にトッピング

清月堂本店>椿通り(1個) 238円(税込)※販売期間:2018年1月16日(火)~1月30日(火)の毎週火・金曜日

真っ白な大福の上に大胆にいちごをのせ、椿の花をイメージした<清月堂本店>の「椿通り」。とろけるようなやわらかな口当たりの羽二重生地が、さっぱりとした甘さのこし餡を包みます。

大福の上に頂くとちおとめは甘さと酸味のバランスが絶妙で、大福と一緒に食べるもよし、別々に食べるもよし。期間中は火曜日・金曜日のみの販売です。

清月堂本店 | 三越オンラインストア http://bit.ly/2B4WURV

<榮太樓總本鋪>作りたては日本橋三越本店限定!

榮太樓總本鋪>いちご大福(1個) 324円(税込)※販売期間:2018年1月8日(月)~3月15日(木)

<榮太樓總本鋪>の「いちご大福」は、成田おかげさま農場で収穫された特定契約栽培米「マンゲツモチ」を使用した、歯切れの良い餅生地が特徴です。

北海道産小豆のこし餡と、白餡をあわせたなめらかな半小豆餡に、甘酸っぱい「とちおとめ」が相性の良い組み合わせ。厨房で作りたてを販売しているのは日本橋三越本店のみ。できたてならではの新鮮な味わいをお試しください。

榮太樓總本鋪 | 三越オンラインストア http://bit.ly/2EJXIxI
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ