無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ナチュラル細めの眉で女っぽ顔に!最旬眉の描き方レッスン

メイクをするとき、眉がキマっていないと、なんとなく落ち着かないですよね。眉の流行は時代とともに変わります。いままではナチュラル太眉が主流でしたが、だんだん細め傾向に。そんなイマドキの最旬眉の描き方をわかりやすくご紹介します!

メイク

眉によって顔の印象は大きく変わる!

長さ、太さ、カーブの形、色の濃さなどを変えるだけで、印象まで変わるのが眉。時代によって流行が大きく変わるパーツでもあり、いつのまにか自分の眉が時代遅れになっていることも。

Photos:Toshiyuki Furuya

だからこそ、眉さえきちんとキマっていれば大丈夫! カンタンにイマドキ顔になることができちゃうんです。

2018年の最旬眉は?

ナチュラル太眉の時代はそろそろ終了。とくに大人の場合は、少し細めの眉のほうが、洗練度が高まります。そして、ポイントになるのが眉尻。やや長めに、すっと細く消える眉尻が、女らしく、上品な目もとを演出します。

パウダー×リキッドで作る美眉レッスン

眉全体はパウダーで描き、繊細に仕上げたい眉尻はリキッドを使います。眉を立体的に見せ、ツヤをアップし、描いた眉をしっかりキープできる透明の眉マスカラやトップコートもあれば、さらにグッド!

1.眉の中心からパウダーで描く

描き始めは眉の中心から。ブラシにパウダーをとり、毛流れに沿って眉尻に向かって描きます。そのあと、再び中心から眉頭方向にブラシを動かし、眉頭部分の毛を立たせます。中心部分が自然に濃くなり、立体感のある仕上がりに。

力を入れすぎず、リズミカルに!

最旬眉01
instagram.com

ラインを描くというよりは、ブラシでパウダーをのせていくような感じで、毛流れに沿ってブラシを動かします。力を入れすぎず、リズミカルに軽やかに。

使用したのは「アディクション」

しっとり感触で肌にフィットし、仕上がり持続

アディクション プレスド デュオ アイブロウ 01 シナモンデュオ

¥ 2,500

発色に優れ、肌なじみのよい濃淡2色のパウダーアイブロウ。しっとりとした感触で、粉散りせずに肌に残り、するすると描きやすく、肌にフィットします。仕上がりの美しさが持続し、午後の眉落ちの心配も無用。

商品詳細
アディクション プレスド デュオ アイブロウ 01 シナモンデュオ
onlineshop.addiction-beauty.com
商品詳細
記事に関するお問い合わせ