無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚は遅くてもいい? 晩婚のメリット3選

年末年始、久しぶりに家族や友人に会い、結婚を急かされている人も多いのでは?

恋愛・結婚

結婚はしたいけれど、「まずはキャリア形成を優先させたい」と考えている女性は少なくないと思います。しかし、女性だからこそ「結婚は早めにしておいた方がいい」と言われることも多く、迷いが生じてしまう時もありますよね。

そこで、fumumu取材班が、晩婚のメリットについて、経験者たちに詳しい話を聞きました。

①経済的に独立していて関係が対等

「晩婚の場合、お互いが経済的に自立しているので、対応な関係でいられるというメリットがあります。私の場合、夫に依存したりされたりすることがないので、一緒にいるのが本当に楽です。
ちなみに、結婚後に稼いだお金は『共有の財産』になりますが、結婚前に稼いでいるお金は個人のものです。それぞれ、自由に使える貯金があるというのも精神的な余裕に繋がり、良好な関係が維持できている理由の1つだと思います」(40代・女性)

夫とは言え、お金の使い方に口出しされるのはストレスになりますよね。

関連記事:結婚が幸せの全てではない! 恋愛や結婚で幸せになれない人の特徴

結婚が幸せの全てではない! 恋愛や結婚で幸せになれない人の特徴

②大人同士嫁姑問題が勃発しにくい

「晩婚の場合、嫁姑問題が勃発しにくいというメリットがあると思います。
息子の嫁だったとしても、40代の大人に物申すのはなかなか難しいのでしょう。結婚前も後も、姑から口うるさく言われることは一度もありません」(40代・女性)

お互いに歳を取って丸くなるということもありますよね。

③育休が取りやすく子育てしやすい

「晩婚のメリットは、育児休暇が取りやすく子育てしやすい点です。社歴が長い分、長期休暇への理解と協力が得やすく、夫婦で育児休暇を取ることができました。
もちろん、時代の変化もあると思います。しかし、20代の頃だったら、そもそも『休暇を取って子育てを楽しむ』という心の余裕は持てなかったと思います。
これから、夫婦でゆっくり子育てに勤しむつもりです」(40代・女性)

夫婦で子育てを楽しめるのは羨ましいですね。

結婚に年齢は関係ないし、結婚したいと思った時がタイミングなのかもしれませんね。

(文/fumumu編集部・志都)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ