無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目標はマインドで決まる!『自分の磨き方』から学ぶ一流の信念7選

一流の人と二流の人の違いを知ることが目標を叶える秘訣!そこで今回はスティーブ・シーボルド著『自分の磨き方』(かんき出版)から学ぶ一流のマインド7選をご紹介いたします。

2018年3月
ライフスタイル
unsplash.com

二流の人は時間をお金と交換しますが、一流は発想をお金に変えていきます。

⑤一流の人はお金の限界を理解している

一流の人は働くことが元から好きで、お金は「オマケ」と考えています。だからこそ常に人生に対し、充実感を持って働けるのです。

unsplash.com

自分が一流か二流か知るのに手っ取り早い方法は、「お金が欲しいから働くのか」と問うのも一つの手ですよ。「お金」と思った場合、充実感を得られないので二流の可能性あり!

⑥一流の人は無限の潜在能力を自覚している

大人たちや周囲の人が子供の頃に「どうせ無理だ」と言われてきたとしても、一流の人はこの考えを間違いだと思い、二流の人はこの考えに縛られ生きてしまいます。

unsplash.com

一流になりたければ子供の頃のマイナスな考えに囚われてはいけません。囚われている人は、一流の人をよく観察して考えるくせをつけましょう。自分にはいくらでも可能性があると信じられるようになるはずです。

⑦一流の人は自分を大いに尊敬している

尊敬する人はいますか?いない場合、自尊心が低いのかも。一流の人はピンチを何度も乗り切ってきたので、自尊心が高く自分を尊敬しています。自分を尊敬してるからこそ、人もすんなり尊敬することが出来るのです。

unsplash.com

二流の人は知能や才能に恵まれてたとしても自分を押し殺して生きているため、自尊心がとっても低く、自分を含め誰も尊敬出来ません。一流を目指すなら、ピンチの時は自分で道を切り開いていくことが大切です。

信念を持てば目標は叶う!

unsplash.com

二流に当てはまった人も今からマインドを変えることで、一流になれるはず!ぜひ、諦めないでチャレンジし続けて下さいね。

『一流の人に学ぶ 自分の磨き方』スティーブ・シーボルド著

かんき出版

¥ 1,620

全米で人気の経営コンサルタント、スティーブ・シーボルドの著書です。一流の人とは自分にポジティブに語りかけ、物事を成し遂げてるイメージを描ける人だと教えてくれる1冊です。

商品詳細
『一流の人に学ぶ 自分の磨き方』スティーブ・シーボルド著
www.amazon.co.jp
商品詳細
記事に関するお問い合わせ