無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スタバファン必携!自由に記録できる「コーヒーパスポート」で色鮮やかなコーヒー体験

マカロニメイトがスターバックス本社を訪れ、コーヒースペシャリストの若林さんにコーヒーの楽しみ方を教わる新連載企画がスタート!今回は、コーヒーライフがもっと楽しくなる「コーヒーパスポート」の使い方を教えてもらいました。

macaroni編集部

グルメ

スターバックスでコーヒーの基礎をお勉強!

Photo by macaroni

前列左から、静(@c_chan0118)さん、miki(@miki______k)さん、ami(@amikuma1219)さん、後列 スターバックスコーヒースペシャリスト若林さん

コーヒーの楽しみ方を基礎から学べる初心者必見の連載がスタートしました!第一回は、インスタグラマーとして活躍中のマカロニメイト3人がスターバックス本社を訪問。コーヒーの教科書のように使えて、コーヒーの味の感想を書き込んで記録できる「コーヒーパスポート」の使い方を、コーヒースペシャリスト・若林さんに教わってきました。初心者必携のアイテムですよ!

さらに、コーヒーの味の違いをもっと感じられる、基本のテイスティングの方法もご紹介。マカロニメイトと一緒に、コーヒー入門しませんか?

飲んで集めて!「コーヒーパスポート」でコーヒーライフが鮮やかに

Photo by macaroni

若林さん「コーヒーは、豆の産地やローストのレベルによって味わいが変わるんですが、皆さんは今まで飲んだコーヒーの味を覚えていますか?」

静さん「ケニア、ブラジル、コロンビア……コーヒーの産地名はよく耳にしますが、どんな味だったかすぐ忘れちゃうんですよね」

若林さん「そうですよね、それぞれの味わいを覚えておくのは難しいと思います。今回は、コーヒーの味わいを自分の言葉で記録できて、コーヒーの教科書のように活用できる、コーヒーパスポートの使い方をご紹介します!

本物のパスポートと同じB7サイズで、ポケットにもすっぽり入るコンパクトな手帳です。クラフト紙でできた表紙には、金色の箔押しで「STARBUCKS®︎COFFEE PASSPORT」とロゴが入っています。デザインは、リニューアルのたびに変更されているんですよ」

amiさん「ナチュラルな雰囲気で、ビジュアルもおしゃれ!」

それでは、コーヒーパスポートの使い方をご説明します。

「コーヒーパスポート」の使い方

1. ドリップコーヒーを注文してゲット

Photo by macaroni

若林さん「コーヒーパスポートは、お店では販売されていません。ドリップ コーヒーやコーヒー豆を購入した際に合わせてお願いすると、誰でももらえるんですよ!」

お店によっては、在庫がないこともあるので、「コーヒーパスポートが欲しいのですが」とバリスタさんにきいてみましょう。

2. ロゴ入りのスタンプシールを貼る

Photo by macaroni

若林さん「スターバックスのコーヒー豆には、豆の産地やローストのレベルによって、それぞれ名前がつけられています。ドリップコーヒーやコーヒー豆を買う際に『コーヒーパスポートのシールをください』とお願いすると、豆の名前とロゴの入ったシールをもらえるんです」

まずは、今日のコーヒーのページを開いて、スタンプシールをペタリ。
mikiさん「御朱印帳みたいで、集めるのが楽しくなりそうですね」

3. 産地ごとの味わいをじっくり楽しむ

Photo by macaroni

若林さん「シールを貼るスペースの横には、『ジューシーな』『ナッツのような』といった風味を表すキーワードや、豆の産地、コクの深さ、酸味の強さなど、コーヒーの味わいを表すヒントが載っています。コーヒーをじっくり味わいながら、メモスペースに味の感想を書き込みましょう!」

「コーヒーの味わいや好みをメモしておけば、コーヒー選びの参考になりますよ!」という若林さんの言葉にうなずきながら、みなさんも真剣な表情に。普段はミルクを入れないとコーヒーを飲めないという静さんは「フルーティーなケニアはブラックでも飲みやすい!」と、味わいの違いに感動!

mikiさんも「コーヒーをじっくり味わうヒントがたくさん載っているんですね!参考にしながらコーヒーを楽しみたいです」とお気に入りのご様子でした。

プロも実践!「テイスティングの4ステップ」で飲み比べ

コーヒーの味や香りをパスポートへ記録するなら、プロも実践しているテイスティング方法がオススメ。コーヒーの香りがより鮮やかに感じられて、産地やローストごとの味わいをじっくり比べられるんですよ。若林さんが、実演を交えながら教えてくださいました!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ