無料の会員登録をすると
お気に入りができます

180度開脚も夢じゃない!おすすめ股関節ストレッチ<3選>

ここ数年、ハウツー本が続々と登場するほど開脚がブームに。上半身がぺたんと床につく開脚前屈や立った状態からの180度開脚ができたらかっこいいですよね。そこで今回は、はじめて挑戦する人でも無理なく続けられる股関節のストレッチを紹介します。

美容

股関節はやわらかいほうがいい

股関節とは、大腿骨(だいたいこつ)と骨盤の接合部のこと。周辺の筋肉と連携して、立つ、座る、歩くなどの動作を起こしたり、上半身を支えたりしています。私たちが言う「股関節が硬い」とは、骨盤周辺の筋肉が硬くなって股関節の可動域が狭くなっている状態のことで、股関節自体が硬くなっているわけではないようです。
つまり、股関節が硬いということは、骨盤周辺の機能が落ちている可能性が高いということ。股関節は美と健康のバロメーターなのかもしれませんね。

[股関節の可動域が狭くなることで起こりうるデメリット]
・からだの不調(冷え性、むくみ、肩こり、腰痛、ひざ痛、生理不順など)
・ボディラインの乱れ(猫背、O脚、X脚、ゆがみ、痩せづらいなど)
・運動機能の低下(ケガをしやすい、行動の制限など)

覚えておいてほしい、開脚ストレッチの心得

開脚ブームが起きたことで、反発するように「開脚ストレッチは危険」、「必要ない」という記事が出回りました。それもそのはず、無理なストレッチで軟骨や靭帯を傷つけて病院に駆け込む人が続出したのです。
開脚ストレッチは時間をかけて少しずつ股関節の可動域を広めていくもの。今すぐ180度の開脚ができるようになりたいという考えは捨ててください。

[開脚ストレッチを行う際の7つの心得]

心得1「毎日やる」
気まぐれにストレッチをしてもなかなかやわらかくなりません。毎日が無理な人は1日置きでもいいので、定期的にストレッチを行ってください。

心得2「いきなり伸ばそうとしない」
無理はケガのもと。簡単なストレッチからはじめて徐々に強度を上げてください。

心得3「 長時間伸ばし続けない」
負荷を掛け続けるのも危険です。1回3分以内を目安にしましょう。

心得4「 痛みを感じたらすぐに中止する」
痛いくらい伸ばさないとやわらかくならないという考えは大間違い!イタ気持ちいいレベルを超えるストレッチは逆効果になりますよ。

心得5「ストレッチと並行して筋トレを行う」
ぐーんと開脚できるようになっても関節を支える筋力がなければダメ。何事もバランスを大切に。

心得6「股関節に関わる筋肉のストレッチも行う」
太もも、ふくらはぎ、お尻の筋肉をほぐすことで、股関節の可動域が広がります。

心得7「90度開けば十分ということを忘れない」
股割りができたらかっこいいけれど、できないからといって不都合があるものではありません。実は、左右45度ずつ、合計90度の開脚ができれば医学的にも正常(=股関節は硬くない)※と診断されます。できなくても仕方ないという意識を持つことで、安全を確保しましょう。

※参考文献「関節可動域表示ならびに測定法」(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会)

股関節をやわらかくしたい人におすすめのストレッチ3選

股関節をやわらかくするための静的ストレッチ

1. 両足の裏を合わせてあぐらのような姿勢になり、かかとを身体に引き寄せる。
2. 骨盤を立てて30秒間ゆっくりと呼吸する。
3. 背中を丸めないように気をつけながら、手を床につけてゆっくりと上体を前に倒していき、イタ気持ちいいくらいのところで止める。そのまま60秒間ゆっくりと呼吸する。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ