無料の会員登録をすると
お気に入りができます

<プロ実践>狭くてもスッキリ!きれいをキープする洗面所収納アイデア

インテリア

洗面台まわりは、毎日使うモノだけに厳選する

顔を洗ったり歯を磨いたり、帰宅後に手を洗ったり…と洗面台は1日に何度も使う場所。いつも使うからと、洗面台の上に洗顔フォームやヘアケア用品など、使うもの全てが並んでいたりしませんか?

洗面台まわりに置くものは、ハンドソープやコップなど、使用頻度の高いものだけに厳選すると、サッと拭いたり掃除もしやすく、清潔に保ちやすくなります。

毎日使うものでも朝だけしか使わないものや、時々使うものなど使用頻度の低いものは、洗面台まわりの収納棚などに収納することで、洗面台もスッキリします。

洗面台付近の収納に古くなったり使わなくなってしまったボディケアやヘアケア用品などが、ずっと置きっぱなしになっているものも、定期的に見直していくことで、だんだんと置くものが厳選されていきます。

出し入れしやすく、スッキリ見せる収納のコツ

細々したものが多い洗面台まわりは、出し入れしやすく使いやすいのが毎日の暮らしやすさにつながります。まずはスッキリ見える収納例をご紹介します。

洗面台の収納扉裏は、フックを使ってスペースを有効活用

扉の裏面も収納スペースとして最大限に有効活用します。チューブタイプの洗顔フォームや歯磨き粉は、文具で使うダブルクリップを挟んでフックに引っ掛けましょう。引っ掛け収納でサッと取り出せるだけでなく、蓋が台に接地することなく衛生的で掃除もしやすい、といいことだらけです。

ごちゃつきがちな棚は、トレーやボックス使いでスッキリ

棚などに洗面用品をただノンジャンルで置いておくと、いつの間にかバラバラとしてしまいます。トレーなどを使って置く場所に枠をつくると、使った後は元の位置に戻しやすくなります。

また、ステンレス素材のトレーなら底が濡れていたり汚れたりしていても、トレーごと洗えるので清潔に保ちやすくなります。

個人で使うものを、ボックスやケースなどで人別にまとめて入れておくと、使う時にボックスごと出して使えるので、管理もとてもしやすくなります。

アイテム別の収納方法

ここからはアイテム別にスッキリ見える収納方法をご紹介します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ