無料の会員登録をすると
お気に入りができます

白を着ると運気が上がる?2021年の色・ホワイトを使ったコーデ術

ファッション

2021年のテーマカラーは、希望に満ちた「ゼロホワイト」

2021年の色は「はじまりの色、希望のホワイト」(出典:JAFCA)

JAFCA

「一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)」が毎年発表している、1年を象徴するカラー。単に流行する色という意味ではなく、ムードを象徴するさまざまなキーワードを包含した「テーマカラー」と言えるものです。

2021年に選ばれたのは「ゼロホワイト  Zero White」。理由として、JAFCAは次のように述べています。

白は清潔感のある色。ウイルスから身を守る対策を続けていくように、私たちを律してくれると同時に、爽やかな風のように心の中にあるイライラやモヤモヤを洗い流してくれます。

ファッションに白を取り入れて、希望の光が差し込んでくるようなイメージを思い描くと、ポジティブな運気を引き寄せることができるでしょう。今回は、ホワイトのアイテムを使ったコーディネートをご紹介します。

1.ブラウンコートのインナーをホワイトに

(左)ホワイトのケーブルニットとデニムに、ブラウンコートを羽織ったコーディネート
出典:WEAR(右)ホワイトのセーターとスカートに、ブラウンコートを羽織ったコーディネート 出典:WEAR

WEAR
WEAR

今季は、ブラウン系の色を重ねた「スタバ配色」がトレンドに。この時期は、ブラウンよりもホワイトの分量を多くすると、季節感にマッチした装いになります。

画像左は、ケーブルニットとデニムをホワイトで揃えて、ブラウンのチェスターコートを羽織ったコーディネート。バッグ、マフラー、シューズなどもブラウン系をチョイス。

統一感のある色使いですが、コートのチェック柄、ニットのケーブル柄を取り入れることで、洗練された雰囲気になっています。

画像右はニットとサテンスカートをホワイトで揃えて、ブラウンのノーカラーコートを羽織ったコーディネート。

ニットもスカートもコートも無地なので、パイソン柄のバッグがアクセントになっています。

2.カジュアルジャケットでホワイトをまとう

(左)ホワイト&ブラックのモノトーンコーデ 出典:WEAR(右)ホワイト&イエローの春色コーデ 出典:WEAR

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ