無料の会員登録をすると
お気に入りができます

老けて見えない秘訣はコレ!「ひとつ結び」を今っぽく見せるテクニック

手軽にできる「ひとつ結び」は、簡単だからこそ注意が必要。ただ結ぶだけでは、老けて見える残念一つ結びになってしまいます。そこで今回は、一つ結びを今っぽく垢抜けて見せる秘訣を大公開!基本から応用テクニックまで、保存版の内容でお届けします。

2018年5月
ヘアスタイル

その“一つ結び”老けて見えるかも?

定番アレンジとしてお馴染みの「一つ結び(ポニーテール)」。手軽にアレンジできるし、仕上がりのイメージも変幻自在。デイリーでもオフィシャルな場でも、オールマイティーに活躍するスタイルですよね。

ただ結ぶだけはNG!

hair.cm

でも手軽にできるからこそ注意が必要です。ただゴムで結んだだけでは、生活感が出てしまい老け顔に見える可能性大!

hair.cm

そこで今回は、普通の一つ結びを垢抜けてみせる基本テクニックから応用アレンジまで、一挙公開!完全保存版の内容になっています。ぜひチェックしてみてくださいね。

押さえておきたい「垢抜け」の4つの秘訣

①ゴムは隠す

Media?size=l
instagram.com

せっかくキレイにまとめても結びめのゴムが見えていては台無しです。地毛でゴム隠ししたり、飾り付きのゴムやバレッタなどで、ゴムが見えないようにしましょう。

②ほぐして立体的に

Media?size=l
instagram.com

あえてタイトに結ぶ一つ結びもありますが、一般的な一つ結びは頭頂部から後頭部にかけての“ほぐし”が重要です。この一手間でガラッと仕上がりの印象が変わってきます。

③後れ毛でニュアンスをプラス

hair.cm

後れ毛をプラスすると今っぽくニュアンスのある一つ結びに。後れ毛はコテで巻くか、ワックスを馴染ませて動きを出すのをお忘れなく。

instagram.com

「おでこのへこんだ所、こめかみ・もみあげ・耳の後ろ・襟足」この5箇所が後れ毛のベストスポット。全箇所に後れ毛を作ってもよし、部分的でもよし、仕上がりのイメージによって使い分けましょう。

④ベースは巻き髪がベター

Media?size=l
instagram.com

ストレートヘアのままでも良いですが、手っ取り早くオシャレ感を出すなら巻き髪がベター。難しく考えず、ラフに巻くだけでも十分なので、時間に余裕があればぜひ。

※これらのテクニックはあくまでも基本ですので、アレンジによって使い分けてくださいね。

まずは基本からチェック

シンプルな一つ結び

hair.cm

まずはベースとなるシンプルな“ゴム隠しポニーテール”から。ストレートヘアでも巻き髪でも、どちらでも可愛く仕上がります。基本の一つ結びとしてぜひマスターしましょう。

instagram.com

①手ぐしでまとめてお好みの位置で結ぶ。
②両端を毛束をギュッと引っ張って引き締める。
③間隔を空けて毛束を引き出す。
④互い違いで上の段を引き出す。
⑤襟足や耳周りをほぐして完成です。

仕上げにゴム隠しを

先ほどの基本形の一つ結びの仕上げにプラスしたいゴム隠しのテクニックです。地毛を結びめに巻きつけてゴムを隠します。慣れるまでは難しいかもしれませんが、コツを掴めば大丈夫!練習あるのみです。

instagram.com

①人差し指をゴムにひっかける。
②ポニーテールの下の方から毛束を一本取り、根元に巻きつけて毛先をゴムに入れ込む。
③残った毛先はゴムの下にグルッと隠す。
④引き締めてバランスを整えたら完成です。

応用アレンジBEST7

①ゴム隠しが苦手な方は飾り付きゴムで

Media?size=l
instagram.com

こちらもシンプルな一つ結びですが、地毛でのゴム隠しではなく、飾り付きのゴムで結ぶのがポイントです。地毛でのゴム隠しよりも難易度が低いので、不器用さんでも安心です。

instagram.com

①お好みの位置で一つに結ぶ。(まずは普通のゴムで結びます。)
②こめかみ&もみあげに後れ毛を出す。
③ほぐして立体的に。
③飾り付きのゴムで結ぶ。
④バランスを整えたら完成です。

②ドーナツポニー

Media?size=l
instagram.com

基本のゴム隠しの次に覚えたいドーナツアレンジ。その名前の通り、ゴム隠しの部分がドーナツのようなフォルムになっている愛嬌のあるアレンジです。くるりんぱの要領でできるので簡単です。

instagram.com

①お好みの位置で一つに結ぶ。
②表面の髪を取って毛先をくるりんぱの要領で通し、ほぐして丸みを出す。
③細かくほぐして立体感を出したら完成です。

③テク不要のバレッタポニー

Media?size=l
instagram.com

基本のポニーテールにバレッタをプラスしたアレンジです。バレッタのデザインによってガラリとイメージが変わるのも、このアレンジの醍醐味です。

instagram.com

①お好みの位置で一つに結ぶ。
②ほぐして立体的に。
③ゴムのすぐ上あたりにバレッタを飾って完成です。

④ねじりをプラスして上品に

キレイめな印象のねじりポニーテールです。一見複雑なアレンジに見えますが手順はいたってシンプル。お仕事ヘアにもぴったりなスタイルです。

instagram.com

①トップの髪を仮留めする。
②下の髪を一つに結ぶ。
③トップの髪をねじって、②のゴムの下の方から通す。
④ほぐしてふんわり感を出したら完成です。

⑤くるりんぱで華やかさUP

Media?size=l
instagram.com

ダブルのくるりんぱがポイントの一つ結びアレンジです。手軽に華やかさを出したいときにぜひお試しください。

instagram.com

①トップを結んでくるりんぱしてからほぐす。
②下の髪を結んでくるりんぱしてからほぐす。
③上下の毛束を合わせて飾り付きのゴムで結ぶ。
④バランスを整えたら完成です。

⑥斜めくるりんぱで印象チェンジ

Media?size=l
instagram.com

普通のくるりんぱをマスターしたらぜひ試したい「斜めくるりんぱ」。斜め方向にくるりんぱするだけですが、ガラッと違った雰囲気を楽しめます。ちょっと大人っぽい印象にしたいときにぜひ◎。

instagram.com

①一つに結ぶ。
②斜め方向にくるりんぱ。
③細かくほぐして立体感を出したら完成です。

⑦上品エレガントな大人アレンジ

Media?size=l
instagram.com

大人の雰囲気が魅力の一つ結びアレンジです。サイドのロープ編みでニュアンスアップ。どの角度から見ても美しい、キレイめスタイルです。

instagram.com

①サイドを残して低めの位置で結ぶ。
②両サイドをロープ状に編んで①の結び目に巻きつけピンで固定する。
③細かくほぐしてボリュームを出して完成です

一手間でひとつ結びが見違える

hair.cm

このように、普通の一つ結びプラスαで十分素敵アレンジは作れるんです。何も難しいテクニックを使う必要はありません。ぜひ今回ご紹介した動画プロセスを参考にして、残念一つ結びから卒業しましょう♡

記事に関するお問い合わせ