無料の会員登録をすると
お気に入りができます

それ本当に必要?整理収納アドバイザーの「なくして暮らしが快適になったモノ」

インテリア

見えないから「放置→ヌメリやカビが発生→掃除が億劫になる」の悪循環。

フタをなくすと、ゴミが見えるので気づいたときにすぐ捨てられますし、お手入れもしやすく衛生的。また、フタ自体のお手入れも不要になります。

フタ裏は凹凸があり、汚れたフタ裏をきれいにするのは苦労しますよね。

筆者の自宅では、同じ理由で洗面所の排水栓もステンレス製のシンプルなゴミ受けに取り替えています。

最近よくあるタイプのヘアキャッチャーと一体型になった排水栓。

見栄えは良いですが、形状が複雑で絡みついた髪の毛や汚れを取るのに一苦労だったので、取り替えたことでお掃除の手間が格段に省けました。水を溜めて使う用途がある場合は不向きですが、そうでない場合、とてもおすすめです。

フタをなくすことでゴミ受けが丸見えになりますが、いつもキレイにしているのでさほど気になりません。

筆者にとって、排水口のフタをなくすことは断然メリットの方が大きく、暮らしが快適になりました。

3.マット類って本当に必要?

キッチンマット、トイレマット、浴室マット、玄関マット、お家の中で当たり前のように使っているマット類ってけっこうありますが、みなさんはいかがですか?

筆者の自宅では、数年前までキッチンマットとトイレマットを使用していました。

それは、あるのが当たり前だと思っていたからです。

マットを敷いていると、マット自体が汚れて頻繁にお洗濯が必要だったり、マットが邪魔で掃除がし辛かったりしましたが、それでも我慢して使い続けていました。

でもある時、試しにマットを取り払い、代わりに毎日拭き掃除することをルーチン化したら、ない方が衛生的&視覚的にもスッキリとして、とても快適なことに気づきました。

拭き掃除と言っても、トイレはウエットティッシュでサッと拭くだけ、キッチンはお洗濯する前のクロスでサッと拭くだけなので、それぞれ所要時間は1~2分程度です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ