無料の会員登録をすると
お気に入りができます

53.4%がほとんど貯蓄無し!!?40代の後悔しない貯金4つのコツを「お金のプロ」が解説!

節約・マネー

40代で貯蓄がない人の割合は?

www.photo-ac.com

「貯蓄はした方がいいとは思っていても、なかなかできない」「どこから貯蓄を始めたらいいか分からない」など、40代の貯蓄に関する悩みは様々です。

「家計の金融行動に関する世論調査(2020年)」によると、金融資産を保有していない単身世帯は全体の36.2%、二人以上世帯の金融資産非保有世帯は16.1%となっています。金融資産があっても、100万円未満の単身世帯は17.2%、二人以上世帯は6.1%です。

金融資産を保有していない、あっても100万円未満を合わせると、単身世帯では53.4%、二人以上世帯では22.2%がほとんど貯蓄がないことになります。

引用元:家計の金融行動に関する世論調査

家計の金融行動に関する世論調査

40代からできる貯金生活

www.photo-ac.com

上記の調査によれば、単身世帯だと約2人に1人、2人以上世帯でも約4.5人に1人は貯蓄がほとんどない状況です。

では、実際に40代で貯蓄がない場合はどのようなことに気を付ければよいでしょうか。

私が考える40代に実践してほしい貯金生活は以下の4つです。

ひとつずつ詳しく解説していきますね。

1:固定費を徹底的に見直す

40代は、子どもがいれば教育費など、20代の頃に比べて全体的に固定費が高い傾向があります。

マイホーム、生命保険、ローンなど、社会人になってから徐々に増やしてきた支払いがいろいろと重なりやすい時期でもあります。

また、美容院では以前はカットだけだったものが白髪染めが必要になったり、老後ほどはかからないまでも医療費がかかるようになったり、整体などで体の調子を整えてもらったりと、20代の頃より体のメンテナンスや美容にもお金がかかってきます。

40代で貯蓄ができない方は、知らず知らずのうちに固定費が高くなりすぎている可能性があります。

少しでも減らせる支出がないかまずは見直しましょう。

子どもがアルバイトをしているなら、小遣いを渡すのをやめたり、携帯電話の料金はアルバイト代から支払ってもらうなど、子どもに自分の支出の一部を負担させることも社会勉強の一環になります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ